自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科科長 守谷 俊

守谷 俊

Takashi Moriya
救急科科長

PROFILE

卒業年

  • 1988年 日本大学卒

職名

  • 科長、救命救急センター長

資格(認定医、専門医)

  • 日本救急医学会指導医、救急専門医
  • 日本脳神経外科専門医
  • 日本集中治療医学会専門医
  • 日本脳卒中学会指導医、専門医
  • 日本外傷学会専門医
  • 日本臨床神経生理学会指導医、認定医(筋電図・神経電動分野)
  • 日本臨床神経生理学会指導医、認定医(脳波分野)
  • 一般社団法人社会医学系指導医
  • 日本蘇生学会蘇生法指導医
  • 日本神経救急学会フェロー(FJNE)

所属学会

  • 日本救急医学会
  • Society of Critical Care Medicine など

研究テーマ

  • 神経救急、PCAS、病院前医療

臨床専門分野

  • 救急医学、神経電気生理学

職歴

昭和63年3月 日本大学医学部卒業
昭和63年6月 日本大学医学部助手(脳神経外科教室)
平成4年7月 米国ニューヨーク大学脳神経外科研究員、ER・外傷センター医員
平成5年11月 米国セントビンセント病院ER外傷センター研究員
平成8年4月 日本大学医学部助手(脳神経外科教室)
平成9年1月 日本大学医学部助手(救急医学教室)
平成17年6月 公立阿伎留病院診療部救急科科長
平成18年6月 日本大学医学部助手(救急医学講座)
平成18年8月 日本大学医学部講師
平成25年2月 日本大学医学部准教授
平成26年11月 自治医科大学医学部総合医学第1講座教授
自治医科大学附属さいたま医療センター救急科科長
平成27年4月 自治医科大学大学院医学研究科教授(兼任)
平成28年4月 自治医科大学附属さいたま医療センター救命救急センターセンター長
平成29年4月 自治医科大学附属さいたま医療センターセンター長補佐
平成31年4月 日本大学客員教授

一言

  • たくさんの指導を受け研鑽を積み、一緒にたくさんの患者さんを助けましょう。もちろん私たちのグループは専門医試験全員一発合格。その後も臨床研究で世界の研究者と渡り合い、海外で発表や多くの情報発信をしていきましょう。
img013

下山 哲

Akira Shimoyama

PROFILE

卒業年

  • 1996年 横浜市立大学卒

職名

  • 助教

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本外傷学会
  • 日本呼吸療法学会

研究テーマ

  • 蘇生:心肺蘇生法、蘇生後症候群
  • 集中治療:ARDS、心臓血管外科周術期管理
  • 救急災害医療:救急初期診療、院外救急医療および災害医療
  • 医療安全:Rapid Response System、Respiratory Support Team、多職種連携

職歴

  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター(高度救命救急センター、集中治療部、麻酔科)
  • 成育医療研究センター手術集中治療部
  • 藤沢市民病院救命救急センター
  • 新東京病院麻酔科
  • 上尾中央総合病院救急科

一言

  • 県内出身ではありませんが10年以上暮らしてきたこの住みやすい埼玉で唯一足りないことは医療体制、特に救急医療の充実です。自分たちの家族も含めて県民がもっと安心して暮らせるように救命救急センターの一員として貢献します.
img011

田戸 雅宏

Masahiro Tado

PROFILE

卒業年

  • 2003年 日本大学卒業

職名

  • 講師

資格(認定医、専門医)

  • 日本脳神経外科学会 専門医
  • 日本脳神経外傷学会 評議員
  • 日本救急医学会 専門医
  • 日本DMAT隊員
  • 日本大学医学部脳神経外科学系神経外科学分野 博士号

所属学会

  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳神経外傷学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳神経血管内治療学会
  • 日本頭痛学会
  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本外傷外科学会

研究テーマ

  • ラット脳挫傷モデルにおける VEGF の発現とその役割

臨床専門分野

  • 重症頭部外傷
  • スポーツ頭部外傷

職歴

平成15年4月 日本大学医学部 救急科入局
平成17年4月 日本大学医学部 脳神経外科入局
平成31年4月 自治医科大学附属さいたま医療センター 救命科入局

一言

  • 神経外傷の知識と経験を活かし、地域の救急医療の充実に貢献していきたいと考えています。

柏浦 正広

Masahiro Kashiura

PROFILE

卒業年

  • 2006年 京都府立医科大学

職名

  • 学内講師
  • 救急病棟医長

資格(認定医、専門医)

  • 救急科専門医
  • 日本救急医学会指導医
  • 集中治療専門医
  • 認定内科医
  • 総合内科専門医
  • 認定クリニカル・トキシコロジスト
  • 抗菌化学療法認定医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)
  • 日本DMAT隊員
  • ICLSディレクター
  • JMECCインストラクター
  • 臨床研修指導医

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本内科学会
  • 日本中毒学会
  • 日本外傷学会
  • 日本IVR学会
  • 日本災害医学会
  • 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会
  • 日本蘇生学会
  • 日本神経救急医学会
  • 日本高気圧環境・潜水医学会
  • 日本臨床疫学会
  • 日本救急医学会関東地方会 幹事
  • 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会 評議員

研究テーマ

  • 院外心停止
  • ハイブリッドER

臨床専門分野

  • 救急医学全般
  • 集中治療
  • 中毒
  • 高気圧酸素治療

職歴

  • 2006年 自治医科大学附属さいたま医療センター
  • 2010年 東京都立墨東病院 高度救命救急センター
  • 2017年 自治医科大学附属さいたま医療センター

一言

  • 当センターで初期研修・救急科後期研修を終えた後に都内の救命救急センターで勤務しました。2017年に当センターに戻って参りました。さいたま市の救急医療を少しでも改善できるように尽力していきます。救急は幅広い疾患が経験できる魅力ある領域です!一緒にさいたまで救急をやって頂ける方大募集中です!
自治医科大学附属さいたま医療センター  増山 智之

増山 智之

Tomoyuki Masuyama

PROFILE

卒業年

  • 2007年 富山大学卒

職名

  • 助教

資格(認定医、専門医)

  • 日本集中治療医学会専門医
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医

所属学会

  • 日本集中治療医学会
  • 日本救急医学会
  • 日本内科学会
  • 日本臨床睡眠医学会
  • NPO法人 JSEPTIC 執行役員

研究テーマ

  • 重症患者におけるせん妄の薬物的・非薬物的予防
  • 簡易睡眠脳波計を用いたICUにおける睡眠モニタリング
  • Rapid Response System
  • 重症患者の血行動態モニタリング
  • 臨床研究デザイン

職歴

  • 健生会立川相互病院 初期臨床研修
  • 健生会立川相互病院 内科・腎臓内科後期研修
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科集中治療部、救急部
  • 東京ベイ浦安市川医療センター集中治療部門
  • 日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター
  • 現在、自治医科大学附属さいたま医療センター救急科集中治療部

一言

  • 内科系出身の救急集中治療医です。救命救急センターには、老若男女問わず、様々な社会背景の方が、十人十色の訴えと病状を呈し来院されます。年齢や臓器にとらわれることなく、いつもベストな医療を提供できるよう日々邁進していく所存です。

田村 洋行

Hiroyuki Tamura

PROFILE

卒業年

  • 2008年 琉球大学

職名

  • 助教

資格(認定医、専門医)

  • 内科認定医
  • 救急科専門医
  • 消化器病専門医
  • 消化器内視鏡専門医
  • 総合内科専門医

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本救急医学会

研究テーマ

  • 脳卒中、抗凝固療法、血液培養、消化管出血、過形成性ポリープ

臨床専門分野

  • 成人救急総合診療

職歴

  • 自治医科大学附属さいたま医療センター
  • 東京都立墨東病院
  • 南魚沼市立ゆきぐに大和病院
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科

一言

  • 必要な時に、必要十分な救急医療を提供できるのが目標です。

安田 英人

Hideto Yasuda

PROFILE

卒業年

  • 2006年 慶應義塾大学医学部

職名

  • 助教

資格(認定医、専門医)

  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本集中治療医学会集中治療専門医
  • 日本呼吸療法医学会呼吸療法専門医
  • 日本IVR学会IVR専門医

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本呼吸療法医学会
  • 日本IVR学会
  • 日本臨床疫学会
  • 日本臨床栄養代謝学会

研究テーマ

  • 重症呼吸不全、急性期栄養管理、血管内カテーテル管理

臨床専門分野

  • 救急医療一般、集中治療一般、急性呼吸不全管理、急性期栄養管理、血管内カテーテル管理、血管内治療

職歴

2006年4月 武蔵野赤十字病院初期研修医
2008年4月 武蔵野赤十字病院救命救急センター
2013年4月 亀田総合病院集中治療科
2014年4月 武蔵野赤十字病院救命救急センター
2016年4月 亀田総合病院集中治療科
2020年4月 自治医科大学附属さいたま医療センター救急部

一言

  • 臨床、研究に全力で取り組みます
dr-fukushima

福島 史人

Fumihito Fukushima

PROFILE

卒業年

  • 2014年 埼玉医科大学

職名

  • 臨床助教 シニアレジデント

資格(認定医、専門医)

  • 医学博士
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • JPTECインストラクター/世話人
  • ICLSインストラクター
  • PTLSインストラクター
  • JMECCインストラクター
  • J-CIMELSインストラクター
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本DMAT隊員
  • 埼玉DMAT隊員
  • 一般財団法人日本ボクシングコミッションコミッションドクター
  • 緩和ケア研修会修了

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本救急医学会関東地方会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本内科学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本病院前救急診療医学会
  • 日本災害医学会
  • 日本老年医学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 国際交通安全学会連携会員

研究テーマ

  • 三次救急医療体制における救急活動時間の短縮に関するICTを用いた解析とそのシミュレーションに関する研究

臨床専門分野

  • 救急全般
  • 病院前医療

職歴

  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 初期臨床研修
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科

一言

  • 私は以前より志していた救急医になるため、2016年4月1日から救命救急センターとして診療を開始した当院救急部に入局し、同時に守谷教授のもと主にプレホスピタルの研究をしております。興味のある方はいつでも御連絡下さい!

平良 悠

Haruka Taira

PROFILE

卒業年

  • 2014年 琉球大学卒

職名

  • シニアレジデント

資格(認定医、専門医)

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本小児救急医学会
  • 日本内科学会

研究テーマ

臨床専門分野

職歴

  • みさと健和病院 初期研修

一言

  • 救急医療を必要とする患者さんとご家族に寄り添った医療を提供できるよう、精進して参ります。

波多野 裕理

Hirosato Hatano

PROFILE

卒業年

  • 2007年 聖マリアンナ医科大学

職名

  • シニアレジデント

資格(認定医、専門医)

所属学会

  • 日本救急医学会

臨床専門分野

  • 救急医学全般

職歴

  • 2007年 株式会社メディックメディア
  • 2011年 東京都赤十字血液センター
  • 2016年 公立岩瀬病院 初期臨床研修
  • 2018年 自治医科大学さいたま医療センター 救急科

一言

  • いままで山口、九州、神奈川、東京、福島と色々な地域を浪々としてきましたが、気づいたら翔んで埼玉にやってまいりました。なにが良いかはわかりませんがなにかが良いこの埼玉県で、少しでも地域の皆様に貢献できれば幸いです。

遠藤 成晃

Shigeaki Endo

PROFILE

卒業年

  • 2016年 昭和大学卒

職名

  • シニアレジデント

資格(認定医、専門医)

  • ICLSインストラクター
  • PTLSインストラクター

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本骨折治療学会

研究テーマ

  • なし

臨床専門分野

  • 救急医学
  • 外傷整形

職歴

2016年4月 自治医科大学附属さいたま医療センター 初期研修医
2018年4月 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科入局
2019年4月 埼玉医科大学総合医療センター 高度救命救急センター
2019年10月 さいたま赤十字病院 救急科
2020年4月 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科

一言

  • さいたま生まれ、さいたま育ちの救急医です。
    医療過疎と言われる地元さいたまで少しでも医療現場の支えになれば良いと思います。

古川 誠

Makoto furukawa
非常勤

PROFILE

卒業年

  • 1999年 日本大学卒

職名

  • 非常勤医師

資格(認定医、専門医)

  • 救急科指導医
  • 専門医
  • 外傷専門医
  • 集中治療専門医
  • JATECインストラクター
  • ICLSインストラクター
  • 臨床研修指導医
  • 東京DMAT隊員

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本外傷学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本IVR学会
  • 日本脳卒中学会
  • 日本熱傷学会

臨床専門分野

  • 救急医学
  • 外傷学
  • 集中治療医学
  • IVR

研究テーマ

  • 外傷学
  • 敗血症

職歴

海老原 貴之

Takayuki Ebihara
非常勤

PROFILE

卒業年

  • 2000年 日本大学卒

職名

  • 講師
  • 救命救急副センター長
  • EICU病棟医長

資格(認定医、専門医)

  • 日本救急医学会専門医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本外傷学会専門医
  • 脊椎脊髄外科指導医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医・スポーツ医
  • 運動器リハビリテーション医
  • インフェクションコントロールドクター(ICD)
  • ICLSインストラクター
  • 義肢装具等適合判定医
  • 小児運動器疾患指導管理医
  • 臨床研修指導医

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本集中治療医学会関東甲信越支部会
  • 日本外傷学会
  • 日本熱傷学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本脊椎インストゥルメンテーション学会
  • 日本骨折治療学会
  • 関東整形災害外科学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 日本救急医学会関東地方会 幹事
  • 神田川脊椎研究会 幹事
  • さいたま外傷 匠の会 世話人

研究テーマ

  • 脊髄損傷に対する再生医療とステロイド治療
  • 胸腰椎椎体骨折とMISt治療
  • PTHの骨折癒合促進作用
  • 受動喫煙ラットがホメオスターシスに与える影響
  • ヒト椎間板ヘルニアと変性プロテオーム解析

臨床専門分野

  • 整形外傷(四肢・脊椎・骨盤)

職歴

  • 日本大学医学部救急医学講座
  • 日本大学病院救急科
  • 日本大学医学部整形外科学系整形外科学分野
  • 埼玉県立小児医療センター整形外科
  • 社会保険横浜中央病院整形外科
  • 川口市立医療センター整形外科
  • 日本大学医学部病理学講座研究員

一言

  • 得意分野である、脊椎脊髄外科、四肢骨盤外傷、小児整形を、救急医療と融合させるべく、ここ、さいたま市にやって参りました。これまでに得た知識と経験の全てを注ぎ込み、納得のゆく医療が実践できればと考えております。

葵 佳宏

Yoshihiro Aoi
非常勤

PROFILE

卒業年

  • 2002年 琉球大学
  • 2011年 医学博士(横浜市立大学)

職名

資格(認定医、専門医)

  • 日本麻酔科学会 麻酔科専門医
  • 日本救急医学会 救急科専門医
  • 日本航空医療学会認定指導者

所属学会

  • 日本麻酔科学会
  • 日本救急医学会
  • 日本航空医療学会
  • 日本渡航医学会
  • 日本産業衛生学会

臨床専門分野

  • 救急
  • 麻酔
  • 集中治療
  • 航空医療

研究テーマ

  • 在外邦人、訪日外国人の健康を守る

職歴

  • 武蔵野赤十字病院で初期研修。横浜市大麻酔科医局での専門医研修を経て、浦添総合病院(救急、総合診療と沖縄県ドクターヘリ従事)。インターナショナルSOS。

一言

  • “To treat a patient at a right time, at the right place, by the right team”
    国内であっても、国外であってもトリアージは大事です。「命をつなぐため」に何ができるのか、海外と日本の医療ギャップを埋めるために何ができるのか。国際航空搬送の第一人者となれるように、日々勉強をしています。

小山 洋史

Hiroshi Koyama
非常勤

PROFILE

卒業年

  • 2003年 富山医科薬科大学卒

職名

  • 非常勤医師

資格(認定医、専門医)

  • 救急科専門医
  • 集中治療専門医
  • DTM&H (Diploma in Tropical Medicine & Hygiene)
  • MCTM (Master of Clinical Tropical Medicine)

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本感染症学会

臨床専門分野

  • 救急総合診療
  • 集中治療

研究テーマ

  • 急性期病態におけるPoint-of-Care Ultrasoundの応用
  • Critical care in resource limited setting

職歴

  • 福岡徳洲会病院 救急総合診療部・循環器科
  • 熊本赤十字病院 救急科
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部
  • 湘南鎌倉総合病院 集中治療部
  • Faculty of Tropical Medicine, Mahidol University/Mahidol-Oxford Research Unit
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター救急科
  • 湘南鎌倉総合病院 集中治療部

一言

  • “Think globally, act locally. “急性期医療の質の向上を目指して、今できることを一つずつ。一緒に頑張りましょう。

天笠 俊介

Shunsuke Amagasa
非常勤

PROFILE

卒業年

  • 2008年 東京慈恵医科大学卒

職名

  • 非常勤講師

資格(認定医、専門医)

  • 救急科専門医
  • 集中治療専門医
  • 小児科専門医・指導医
  • 医学博士

所属学会

  • 日本救急医科学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本小児科学会
  • 日本小児救急医学会

研究テーマ

  • 小児外傷、虐待頭部外傷
  • 急性脳症
  • 院外心停止

臨床専門分野

  • 小児救急
  • 小児集中治療

職歴

  • 長野県厚生連佐久総合病院 初期臨床研修
  • 長野県厚生連佐久総合病院 小児科
  • 国立成育医療研究センター 救急診療科
  • 日本大学附属板橋病院 救命救急センター
  • 長野県立こども病院 小児集中治療科
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科
  • 国立成育医療研究センター 救急診療科

一言

  • 自己研鑽を怠らず、埼玉の救急医療、日本の小児救急医療に貢献していきたいと思います。

鈴木 涼平

Ryohei Suzuki
非常勤医師

PROFILE

卒業年

  • 2009年 昭和大学卒

職名

  • 臨床助教

資格(認定医、専門医)

  • 救急科専門医

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療学会
  • 日本集中治療学会関東地方会
  • 日本腹部救急医学会
  • 日本救急医学会関東地方会
  • 日本医療・病院管理学会

研究テーマ

  • 心肺蘇生、人工呼吸器、敗血症、気管切開、ハイブリッドCT

臨床専門分野

  • 救急全般
  • 人工心肺

職歴

  • 昭和大学藤が丘病院 初期研修
  • 昭和大学藤が丘病院 救急医学科
  • 湘南東部総合病院救急センター
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科
  • AOI国際病院 整形外科

一言

  • 4月から救命センターとなり重症患者が増えつつあります。より高度な医療が実現出来るよう努力していきたいです。また、地域に貢献するためにも軽症から中等症の患者も変わらず受け入れることも重要と考えております。軽症から重症まで様々な疾患を診ることが可能で症例数も多いという意味でも充実した救急センターです。

谷口 慎一

Shinichi Taniguchi
非常勤医師

PROFILE

卒業年

  • 2013年 日本医科大学

職名

  • シニアレジデント

資格(認定医、専門医)

  • AO Trauma Course-Basic Principles of Fracture Management 修了
  • AO Trauma Course-Advanced Principles of Fracture Management 修了

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本骨折治療学会
  • 日本創外固定・骨延長学会
  • 日本足の外科学会
  • 日本手外科学会
  • 日本骨・関節感染症学会

臨床専門分野

  • 整形外傷

職歴

  • 南東北グループ 医療法人財団 健貢会 総合東京病院 初期研修
  • 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
  • 川口市立医療センター 整形外科
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科
  • 埼玉医科大学総合医療センター 高度救命救急センター

一言

  • 救急部所属の整形外科医として、関わった患者さんの少しでも力になれるように日々精進して参ります。

喜久山 和貴

Kazuki Kikuyama
非常勤

PROFILE

卒業年

  • 2011年 大阪市立大学卒

職名

  • 非常勤医師

資格(認定医、専門医)

  • 救急科専門医
  • 小児科専門医

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本小児救急医学会
  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療学会

研究テーマ

  • 未定

臨床専門分野

  • 小児救急、小児集中治療

職歴

  • 京都第二赤十字病院 初期研修・小児科研修
  • 国立成育医療研究センター 集中治療科
  • あいち小児保健医療センター 集中治療科
  • 日本大学医学部付属板橋病院 救命救急センター
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科
  • あいち小児保健医療総合センター 集中治療科

一言

  • 小児科をベースとした救急集中治療医として埼玉県内の救急医療に貢献していきたいと思います。まだまだ私も駆け出しで勉強中の身ですが、互いに刺激しあいながら未来ある若手の医療従事者の教育にも関わっていけたらと思います。今年は異動先の愛知県から瑣末ながらサポートをしてゆければと思います。