自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科科長 守谷 俊

守谷 俊

Takashi Moriya
救急科科長

PROFILE

卒業年

  • 1988年 日本大学卒

所属学会

  • Society of Critical Care Medicine
  • National Neurotrauma Scioety
  • American Association for Surgery of Trauma and Clinical Congress of Acute Care Surgery
  • 日本集中治療医学会

研究テーマ

  • 重症患者の体温管理、重症患者に対するプレホスピタルケアの充実、痙攣発作の患者に対する超急性期の病態解析、熱中症患者の遺伝子解析、プレホスピタル救急システムの構築

職歴

  • 日本大学医学部脳神経外科学講座
  • 米国NYUメディカルセンター、
  • 日本大学医学部救急医学系救急集中治療医学分野
  • 公立阿伎留医療センター

一言

  • 自分の持っている経験、知識、技術のすべてを若い先生方に伝えていき、たくさんの救急医を育てたいと考えています。みんなに明るい未来が開けるように前向きにサポート致しますので私にお任せ下さい。

千々和 剛

Tsuyoshi Chijiwa

PROFILE

卒業年

  • 1997年 防衛医科大学卒

職名

  • 講師

資格(認定医、専門医)

  • 救急専門医
  • 形成外科専門医

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本内科学会
  • 日本癌学会
  • American Association for Cancer Research
  • European Society for Medical Oncology

研究テーマ

  • マウスゼノグラフトによる疾患モデル、細胞-微小環境間相互作用解析、癌終末期医療

臨床専門分野

  • 救急全般
  • 熱傷

職歴

  • 防衛医科大学校病院形成外科
  • 自衛隊横須賀病院
  • 自衛隊那覇病院
  • 国立病院機構災害医療センター救命救急センター

一言

    10年ぶりに埼玉県での勤務することとなりました。チームワークを大事にする救命センターとなっていくように努力したいと思います。

海老原 貴之

Takayuki Ebihara

PROFILE

卒業年

  • 1999年 日本大学卒

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本外傷学会

研究テーマ

  • 脊髄損傷に対する再生医療とステロイド治療、胸腰椎椎体骨折とMISt治療、PTHの骨折癒合促進作用
  • 受動喫煙ラットがホメオスターシスに与える影響
  • ヒト椎間板ヘルニアと変性プロテオーム解析用

職歴

  • 日本大学救急医学講座
  • 日本大学整形外科学系整形外科学分野
  • 川口市立医療センター整形外科
  • 日本大学病院救急科

一言

  • 得意分野である、脊椎脊髄外科、四肢骨盤外傷、小児整形を、救急医療と融合させるべく、ここ、さいたま市にやって参りました。これまでに得た知識と経験の全てを注ぎ込み、納得のゆく医療が実践できればと考えております。

八坂 剛一

Koichi Yasaka

PROFILE

卒業年

  • 1997年 自治医科大学卒

職名

  • 助教・病棟医長

資格(認定医、専門医)

  • 日本救急医学会専門医
  • JPTEC 世話人
  • MCLS 世話人
  • ICLS ディレクター
  • PTLS インストラクター

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本集団災害医学会

臨床専門分野

  • 救急全般

職歴

  • 佐賀県立病院好生館 初期研修
  • 鎮西町立加唐島診療所
  • 佐賀県立病院好生館 救命救急センター
  • 自治医科大学附属大宮医療センター 外科
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急部

一言

  • 埼玉県は人口当たりの医師数が最も少なく、救急医療体制も決して充実しているとは言えません。だからこそ、我々一人一人の働きが地域への直接貢献となります。一緒に頑張っていきましょう。

下山 哲

Akira Shimoyama

PROFILE

卒業年

  • 1996年 横浜市立大学卒

職名

  • 助教

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本外傷学会
  • 日本呼吸療法学会

研究テーマ

  • 蘇生:心肺蘇生法、蘇生後症候群
  • 集中治療:ARDS、心臓血管外科周術期管理
  • 救急災害医療:救急初期診療、院外救急医療および災害医療
  • 医療安全:Rapid Response System、Respiratory Support Team、多職種連携

職歴

  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター(高度救命救急センター、集中治療部、麻酔科)
  • 成育医療研究センター手術集中治療部
  • 藤沢市民病院救命救急センター
  • 新東京病院麻酔科
  • 上尾中央総合病院救急科

一言

  • 県内出身ではありませんが10年以上暮らしてきたこの住みやすい埼玉で唯一足りないことは医療体制、特に救急医療の充実です。自分たちの家族も含めて県民がもっと安心して暮らせるように救命救急センターの一員として貢献します.

小山 洋史

Hiroshi Koyama

PROFILE

卒業年

  • 2003年 富山医科薬科大学卒

職名

  • 助教

資格(認定医、専門医)

  • 救急科専門医
  • 集中治療専門医

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療医学会

臨床専門分野

  • 救急総合診療
  • 集中治療

研究テーマ

  • 救急・集中治療分野におけるエコー

職歴

  • 福岡徳洲会病院 救急総合診療部・循環器科
  • 熊本赤十字病院 救急科
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部
  • 湘南鎌倉病院

一言

  • “Think globally, act locally. “急性期医療の質の向上を目指して、今できることを一つずつ。一緒に頑張りましょう。

天笠 俊介

Shunsuke Amagasa

PROFILE

卒業年

  • 2007年 東京慈恵医科大学卒

職名

  • 助教

資格(認定医、専門医)

  • 救急専門医
  • 小児科専門医

所属学会

  • 日本救急医科学会
  • 日本集中治療医学会
  • 日本小児科学会

研究テーマ

  • 未定

臨床専門分野

  • 小児救急
  • 小児集中治療

職歴

  • 長野県厚生連佐久総合病院 初期研修
  • 国立成育医療研究センター
  • 長野県立こども病院 集中治療部
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科

一言

  • 埼玉の救急医療のため日々精進してまいります。特に子供、そのご家族が安心して過ごすお手伝いができればと思います。

増山 智之

Tomoyuki Masuyama

PROFILE

卒業年

  • 2007年 富山大学卒

職名

  • シニアレジデント

資格(認定医、専門医)

  • 日本内科学会認定内科医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)

所属学会

  • 日本集中治療医学会
  • 日本救急医学会
  • 日本内科学会

研究テーマ

  • せん妄の予防

職歴

  • 健生会立川相互病院 初期臨床研修終了
  • 健生会立川相互病院 内科・腎臓内科後期研修終了
  • 現在 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・救急部・集中治療部

一言

  • 内科系出身の救急集中治療医です。救命救急センターには、老若男女問わず、様々な社会背景の方が、十人十色の訴えと病状を呈し来院されます。年齢や臓器にとらわれることなく、いつもベストな医療を提供できるよう日々邁進していく所存です。

鈴木 涼平

Ryohei Suzuki

PROFILE

卒業年

  • 2010年 昭和大学卒

職名

  • 臨床助教

資格(認定医、専門医)

  • 救急療専門医

所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本集中治療学会
  • 日本集中治療学会関東地方会
  • 日本腹部救急医学会
  • 日本救急医学会関東地方会
  • 日本医療・病院管理学会

研究テーマ

  • 心肺蘇生、人工呼吸器、敗血症、気管切開、ハイブリッドCT

臨床専門分野

  • 救急全般
  • 人工心肺

職歴

  • 昭和大学藤が丘病院 初期研修
  • 昭和大学藤が丘病院 救急医学科
  • 湘南東部総合病院救急センター
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科

一言

  • 4月から救命センターとなり重症患者が増えつつあります。より高度な医療が実現出来るよう努力していきたいです。また、地域に貢献するためにも軽症から中等症の患者も変わらず受け入れることも重要と考えております。軽症から重症まで様々な疾患を診ることが可能で症例数も多いという意味でも充実した救急センターです。

福島 史人

Fumihito Fukushima

PROFILE

卒業大学

  • 埼玉医科大学

卒業年

  • 2014年

職名

  • シニアレジデント(社会人大学院生)

資格

  • JPTECインストラクター
  • ICLSインストラクター
  • NCPRプロバイダー
  • AHA ACLSプロバイダー
  • PALSプロバイダー
  • ISLSプロバイダー
  • FCCSプロバイダー
  • PTLSプロバイダー
  • JATECプロバイダー
  • MCLSプロバイダー
  • 日本医師会認定産業医
  • 緩和ケア研修会修了
所属学会

  • 日本救急医学会
  • 日本救急医学会関東地方会
  • 日本臨床救急医学会
  • 日本内科学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会

研究テーマ

  • ICTを用いた救急現場活動時間短縮への影響と情報の機密性保持の研究

職歴

  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 初期研修
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科(社会人大学院)

一言

  • 私は以前より志していた救急医になるため、2016年4月1日から救命救急センターとして診療を開始した当院救急部に入局し、同時に大学院生として守谷教授のもと主にプレホスピタルの研究をしております。興味のある方はいつでも御連絡下さい!

中村 雅人

Masato Nakamura

PROFILE

卒業年

  • 2014年 昭和大学卒

職名

  • シニアレジデント

資格(認定医、専門医)

所属学会

  • 日本救急医科学会

研究テーマ

臨床専門分野

  • 救急全般

職歴

  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 初期研修
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科

一言

  • 救急医になるために医大を卒業し、初期研修を経て2016年4月1日から当院救命救急センターに入局しました。幅広い知識の必要な救急医療はとても楽しいです。当院で初期対応、入院できてよかったと思っていただけるような診療ができるように努力してまいります。

平良 悠

Haruka Taira

PROFILE

卒業年

  • 2014年 琉球大学卒

職名

  • シニアレジデント

資格(認定医、専門医)

所属学会

  • 日本救急医科学会

研究テーマ

  • 未定

臨床専門分野

  • 救急全般

職歴

  • みさと健和病院 初期研修
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科

一言

  • 大学で沖縄に行き、初期研修から埼玉で働いています。沖縄で身につけたなんくるないさ精神で、新天地自治医大でも、優しいスタッフの方々のもとで楽しくやっています。頑張ります。