救急科のご紹介

医師卒後臨床研修の必修化に伴い、平成15年5月に開設、9月救急告示病院、平成16年1月より日本救急医学会救急科専門医指定施設になりました。災害拠点病院にも指定され、DMATも現在2隊を登録しています。

センター内の各診療科に対して併存型救急部の立場をとり、目標として、標榜診療各科、各部門一体となった迅速、的確かつ完全な救急医療、医療連携を活用し、地域と密着した救急医療の実践、救急医療における診療と教育の両立をあげています。

診療対象は、多発外傷、重症熱傷、小児科領域(小児救急は小児科が対応)を除き、3次医療まで広範囲に及んでいます。

設備は、救急集中治療室8床、救急病棟30床(重症室6床、隔離個室4床、その他20床)、一般病棟5床の合計43床となっています。その他、一般病棟に適宜病床を確保しています。

勤務体制として、時間内は救急部スタッフとブロックローテート中のレジデントで、時間外は内科系医師を含める救急部スタッフ2名、シニアレジデント1名、ジュニアレジデント4名、救急病棟当直1名の8名で救急部勤務を行い、時間外受診、救急搬送患者に、適宜、各当直医、オンコール医の応援を仰ぎながら、救急診療を行っています。

勤務体制

自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科 医局紹介

日勤、当直の2交代制を軸に勤務を行い、主治医制ではなく、担当医制で入院患者を診療。on-offをはっきりとしたメリハリのある勤務体制としています。

診療体制

当院救急科では、2次救急患者と3次救急患者の両方の初期診療を担当しています。これにより、非常にたくさんで、かつ多岐にわたる症例を担当しています。また、初期治療後の入院治療については、当科で継続して入院治療を行う症例、他科専門医に引き継ぎを行う症例があり、臨機応変に対応しています。我々は2次救急患者と3次救急患者を分け隔てなく、すべての救急患者の初期診療に対応します。

勤務体制としては、日勤、当直の2交代制を軸に勤務を行い、主治医制ではなく、担当医制で入院患者を診療しています。On-offをはっきりし、次の勤務までに心を落ち着かせ、体を休めて臨むことを重要視しています。

ハイブリッドER

自治医科大学附属さいたま医療センター 救急科 医局紹介

2016年4月に設備を刷新し、3次救急患者を扱う初療室にハイブリッドERのシステムを導入しました。これにより、初療室において、X線CT、血管造影、緊急手術を行うことが可能となり、これまでの診断および治療手順が大きく変貌を遂げようとしています。搬送された患者が、X線CT室、血管撮影室、透視室、手術室などに移動することなく治療を行うことが出来ます。ハイブリッドERは上記すべての診断治療行為が同じ場所で行うことが可能です。

講習会

PTLS、ICLS、JPTEC、ISLS、市民公開講座など講習会を定期的に開催しています。