2018年 麻酔科・集中治療部 研究業績

原著論文


  1. Miyazawa, K., Sajima, T., Ishiguro Y.:Hemodynamic Management in Aortic Root Replacement in a Patient with Coarctation of the Aorta. J cardiothorac Vasc Anesth. 2018;32(2):948-951.
  2. Masuyama, T., Sanui, M. , Yoshida, N., Iizuka, Y., Ogi, K,. Yagihashi , S., Nagatomo, K., Sasabuchi, Y., and Lefor, AK.:Suvorexant is associated with a low incidence of delirium in critically ill patients: a retrospective cohort study. PSYCHOGERIATRICS 2018;18:209-215.
  3. Hayakawa, M., Yamakawa, K., Saito, S., Uchino, S., Kudo, D., Iizuka, Y., Sanui, M., Takimoto, K., Mayumi, T.:Nationwide registry of sepsis patients in Japan focused on disseminated intravascular coagulation 2011-2013. Sci Data. 2018;5:180243.
  4. Iwashita, Y., Yamashita, K., Ikai, H., Sanui, M., Imai, H., Imanaka, Y.:Epidemiology of mechanically ventilated patients treated in ICU and non-ICU settings in Japan: a retrospective database study. Crit Care. 2018;22(1):329.
  5. Kamio, T., Kajiwara, A., Iizuka, Y., Shiotsuka, J., Sanui, M.:Frequency of vital sign measurement among intubated patients in the general ward and nurses' attitudes toward vital sign measurement. J Multidiscip Healthc. 2018;11:575-581.
  6. Nonaka, T., Kimura, N., Hori, D., Sasabuchi, Y., Nakano, M., Yuri, K., Sanui, M., Matsumoto, H., Yamaguchi, A.:Predictors of Acute Kidney Injury Following Elective Open and Endovascular Aortic Repair for Abdominal Aortic Aneurysm. Ann Vasc Dis. 2018 25;11(3):298-305.
  7. Kamo, T., Aoki, Y., Fukuda, T., Kurahashi, K., Yasuda, H., Sanui, M., Nango, E., Abe, T., Lefor, AK., Hashimoto, S.:Optimal duration of prone positioning in patients with acute respiratory distress syndrome: a protocol for a systematic review and meta-regression analysis. BMJ Open. 2018;8(9):e021408.
  8. Taito, S., Shime, N., Yasuda, H., Ota, K., Sarada, K., Lefor, AK., Sanui, M.:Out-of-bed mobilization of patients undergoing mechanical ventilation with orotracheal tubes: A survey study. J Crit Care. 2018;47:173-177.
  9. Horikita, S., Sanui, M., Lefor, AK.:Can nutritional interventions change major clinical outcomes?. Crit Care. 2018 8;22(1):155.
  10. Kajiura, A., Nagata, O., Sanui, M.:The Pringle maneuver reduces the infusion rate of rocuronium required to maintain surgical muscle relaxation during hepatectomy. J Anesth. 2018;32(3):409-413.
  11. Haraguchi, Y., Sakakura, K., Yamamoto, K., Taniguchi, Y., Nakashima, I., Wada, H., Sanui, M., Momomura, SI., Fujita, H.:Spontaneous Recanalization of the Obstructed Right Coronary Artery Caused by Blunt Chest Trauma. Int Heart J. 2018 30;59(2):407-412.
  12. Masuyama, T., Sanui, M., Yoshida, N., Iizuka, Y., Og,i K., Yagihashi, S., Nagatomo, K., Sasabuchi, Y., Lefor, AK.:Suvorexant is associated with a low incidence of delirium in critically ill patients: a retrospective cohort study. Psychogeriatrics. 2018;18(3):209-215.
  13. Kamio, T., Sanui, M., Horikita, S., Fujii, T., Kawagishi, T., Lefor, AK.:Hematopoietic Stem Cell Transplant in Facilities Without Intensive Care Units in Japan. Exp Clin Transplant. 2018;16(1):116-118.
  14. Ohnuma, T., Hayashi, Y., Yamashita, K., Marquess ,J., Lefor, AK., Sanui, M.; Japanese Survey of AntimiCRobial Use in ICU PatienTs (JSCRIPT) investigators.:A nationwide survey of intravenous antimicrobial use in intensive care units in Japan. Int J Antimicrob Agents. 2018;51(4):636-641.
  15. Lefor, AK., Ohnuma, T., Nunomiya, S., Yokota, S., Makino, J., Sanui, M.:Physician attire in the intensive care unit in Japan influences visitors' perception of care. J Crit Care. 2018;43:288-293.
  16. Nakayama I, Izawa J, Mouri H, Kitamura T, Shiotsuka J.:Mortality and detailed characteristics of pre-ICU qSOFA-negative patients with suspected sepsis: an observational study. Ann Intensive Care. 2018 Apr 3;8(1):44.
  17. 齋藤裕一, 毛利英之, 塩塚潤二, 小室哲也, 讃井將満:ICUにおける自発呼吸を残した緊急気管挿管時の高流量経鼻カニューレの使用経験.臨床麻酔 42巻2号 Page223-224.
  18. 八木 街子, 村上 礼子, 鈴木 美津枝, 讃井 將満, 石川 鎮清, 春山 早苗, 簑田 清次:特定行為にかかわる看護師の研修の受講ニーズ調査 施設規模による傾向の違い.看護展望43巻11号 Page1094-1101.

 

学会発表


(海外)

  1. Yoshinaga, K., Sanui, M., Sasabuchi, Y., Matsunaga W., Lefor, A.K.: A High Plasma to Red Blood Cell Ratio is Not Associated with Improved Survival after Cardiovascular Surgery. American Society of Anesthesiologists (ASA) ANESTHESIOLOGY 2018 Annual Meeting. San Francisco, CA. 2018 Oct 15.

 

学会発表


(国内)

  1. 野中崇央,木村直行,松本春信,中野光規,板垣翔,堀大治郎,由利康一,讃井將満,笹渕裕介,山口敦司:待機的腹部大動脈瘤開腹手術におけるAcute kidney injury発生因子に関する検討.第48回日本心臓血管外科学会学術総会、2018年2月、三重
  2. 岩井健一,讃井將満:デクスメデトミジンは本当に最良な鎮静剤なのか?Consの立場からの考察.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月21日、千葉(Pros&Cons)
  3. 松永渉,岩崎夢大,青松昭徳,簗瀬史貴,関根彰子,加藤剛,川岸利巨,牧野淳,讃井將満:敗血症性心筋症に対し体外式膜型人工肺を導入し救命し得た一例.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月21日、千葉(ポスター)
  4. 岩崎夢大,加藤剛,関根彰子,簗瀬史貴,青松昭徳,神尾直,長友香苗,川岸利巨,讃井將満:Psoas muscle indexは高齢者の心臓血管外科手術症例の予後因子となる.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月21日、千葉(口演)
  5. 川岸利巨,讃井將満,長友香苗,簗瀬史貴,加藤剛,関根彰子,青松昭徳:重症肺胞出血に対してVVEVMOを使用した1例.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月21日、千葉(口演) 
  6. 讃井將満:Acute glycemic control in diabetics;How sweet is optimal/糖尿病合併治療患者における急性期血糖管理:至適血糖とは?. 第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月21日、千葉(Pros&Cons)
  7. 神尾直,讃井將満,川岸利巨,青松昭徳,長友香苗,簗瀬史貴,加藤剛,岩崎夢大,増山智之,関根彰子:Automated Early Warning Scoring Systemの検証.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月21日、千葉(口演)
  8. 牧野淳,本多英喜,神尾学:侵襲性髄膜炎菌感染症による電撃的紫斑病から致死的となった一例。医療施設での二次感染予防対策の重要性.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月21日、千葉(口演)
  9. 増山智之,長友香苗,吉田直人,加藤剛,岩崎夢大,関根彰子,簗瀬史貴,川岸利巨,八木橋智子,讃井將満:重症患者におけるポータブル脳波計SedLine®を用いた睡眠モニタリングの有用性.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月22日、千葉(口演)
  10. 加藤剛,松永渉,岩崎夢大,青松昭徳,簗瀬史貴,関根彰子,神尾直,川岸利巨,長友香苗,讃井將満:超音波ガイド下中心静脈穿刺時の甲状頚動脈損傷後の頸部血腫による気道狭窄と仮性動脈瘤を生じた一例.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月22日、千葉(ポスター)
  11. 安部諒,門手和義,永井勝信,讃井將満:心臓血管外科術後に人工呼吸器管理が長期化した患者の自立歩行獲得には何が影響するか.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月22日、千葉(ポスター)
  12. 藤原紳祐,小野原貴之,内藤貴基,藤谷茂樹,佐藤博,新井正康,中田孝明,讃井將満,森裕治,鈴木秀鷹:敗血症診察は新しく定義(Sepsis-3)でどうかわったか?RRSオンラインレジストリからみた敗血症の現状.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月22日、千葉(シンポジウム)
  13. 飯塚悠祐:高齢化社会における急性期医療体制について.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月22日、千葉(委員会企画)
  14. 土井松幸,武居哲洋,坂本哲也,森崎浩,上田恭敬,讃井將満,八木橋智子,笹渕祐介,林田賢史,志馬伸朗:社会保険対策委員会の活動報告.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月22日、千葉(委員会企画)
  15. 讃井將満:ホームページに著者による研究紹介動画をアップしました.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月22日、千葉(委員会企画)
  16. 吉田直人,長友香苗,増山智之,牧野淳,八木橋智子,讃井將満:ICU患者に対する看護師による睡眠評価の妥当性の検討.第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月23日、千葉(ポスター)
  17. 江崎麻衣子,山本朋納,西村哲郎,溝端康光,岩崎栄典,辻喜久,讃井將満,真也俊彦,堀部昌靖,金井隆典:重症急性膵炎におけるCTでの造影不良域と予後の関係. 第45回日本集中治療医学会学術集会、2018年2月23日、千葉(口演)
  18. 安田徹,草浦理恵,梅田千典,岩本典生,小藤誠也,岡田ひとみ,土屋留美,荻野由貴,梶原絢子,中川温美,八木橋智子,川岸利臣,加藤剛,讃井將満:安全な人工呼吸器の使い方.日本医工学治療学会第34回学術大会、2018年3月17日、さいたま
  19. 讃井將満,増山智之,岩崎夢大,青松昭徳:循環蘇生における輸液必要性と輸液反応性.第29回日本臨床モニター学会総会、2018年4月20日、横浜
  20. 讃井將満:第一の矢 『良くわかる 人工呼吸器の使い方』.日本医工学治療学会第34回学術大会、2018年3月17日、さいたま
  21. 谷口由枝:小児チューブはカフあり?、カフなし?.日本麻酔科学会第65回学術集会、2018年5月17日、横浜(招請講演)
  22. 讃井將満,青松昭徳:集中治療医の考える輸液戦略.第61回日本腎臓学会学術集会、2018年6月8日、新潟
  23. 清水敦,瀧澤裕,竹内瑞枝,斉藤暢是,小松崎香,稲田美和子,山本理栄,荒川昌史,岡田成生,Alan Lefor, 丹波嘉一郎:舌咽神経痛による失神を繰り返した舌癌に対する集学的マネジメント.第23回緩和医療学会学術集会、2018年6月15-17日、神戸
  24. 讃井將満:集中治療業務における臨床工学技士に必要な基礎知識.日本集中治療医学会第2回関東甲信越支部学術集会、2018年6月30日、栃木(教育講演)
  25. 塩塚潤二,松永渉,岩崎夢大,吉永晃一,加藤剛,増山智之,長友香苗,讃井將満:心不全で発症した上行大動脈瘤-肺動脈瘻の症例.日本集中治療医学会第2回関東甲信越支部学術集会、2018年6月30日、栃木(ポスター)
  26. 関根彰子,神尾直,青松昭徳,松永渉,岩崎夢大,増山智之,加藤剛,吉永晃一,長友香苗,八木橋智子,阿部智美,仁平貴子,川岸利臣,塩塚潤二,讃井將満:SOFAスコア連続自動算出システムを導入して.日本集中治療医学会第2回関東甲信越支部学術集会、2018年6月30日、栃木(ポスター)
  27. 後藤卓子,松野由以,丹羽康則,平幸輝,谷口由枝,蓮見謙司,五十嵐孝:オピオイドスイッチングにより遷延する悪心・嘔吐の改善を得た症例.日本ペインクリニック学会第52回大会、2018年7月19~21日、東京(ポスター)
  28. 西沢良平,谷口由枝,大木紗弥香,吉永晃一,山路寛人,佐島威行:深部静脈血栓症の治療中に警告出血をきたした辺縁前置胎盤合併妊婦に対する帝王切開術の麻酔経験.日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第58回合同学術集会、2018年9月1日、東京(ポスター)
  29. 讃井將満:地域における救急医療、新しい展開 自治医科大学附属さいたま医療センターをハブとした院内外を結ぶ遠隔治療の試み.第12回JADECOM学術集会、2018年9月8日、東京
  30. 小林康磨,讃井將満,深津健,柿本大輔,大塚祐史:Edward Duromedics mechanical valve fractureにより急性左心不全となった一例.日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会、2018年9月14日、東京(ポスター)
  31. 讃井將満,松永渉,吉永晃一,岩崎夢大:心臓血管麻酔科医のセンスを活かした鎮痛・鎮静管理.日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会、2018年9月15日、東京(シンポジウム)
  32. 北島明日香,橋谷舞,大塚祐史,石黒芳紀:血圧管理に難渋した高安動脈炎合併患者の腹部大動脈瘤手術.日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会、2018年9月15日、東京(ポスター)
  33. 岩井健一,青山泰樹,古川拓,橋谷舞,山路寛人,宮澤恵果,大塚祐史,石黒芳紀:発作性夜間ヘモグロビン尿症患者に綿密な計画のもとに人工心肺下心臓外科手術を施行し良好に管理した一例.日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会、2018年9月15日、東京(ポスター)
  34. 西沢良平,谷口由枝,北島明日香,宮澤恵果,橋谷舞,大木紗弥香:正中頸嚢胞術後の上気道浮腫によると考えられる抜管困難症を呈した1症例.日本小児麻酔学会第24回大会、平成30年10月21日、神戸(ポスターセッション)
  35. 讃井將満:院内外で集中治療医を活用するための遠隔診療の試み.第22回日本遠隔医療学会学術集会、2018年11月9日、福岡
  36. 大塚潔,木村正彦,八木橋智子,仁平貴子,讃井將満,長谷部忠史:ICU・CCU病棟常駐薬剤師による看護師の業務負担軽減に関する検証 2者確認の負担を減らせ、看-看から看-薬へ.2018年11月24日-25日、名古屋

 

総説・著書


  1. 讃井將満:敗血症の最新診療 新しいガイドラインを踏まえて(解説) 日本外科学会雑誌119巻2号 Page194-200(2018.03)
  2. 讃井將満:【アンチテーゼとしての難治性呼吸器疾患の個別化医療】 急性呼吸促迫症候群に対する個別化医療(解説/特集) THE LUNG-perspectives 26巻2号 Page165-168(2018.05)
  3. 吉永晃一, 石黒芳紀.フィブリノゲン製剤の臨床使用.ワンランク上の心臓麻酔に必要なエビデンス.克誠堂出版 Page 106-110 (2018.5.)
  4. 増山智之:【人体のメカニズムから学ぶ臨床工学 集中治療学】Chapter1 人体のメカニズム 06 感染.メジカルビュー社 Page32-38(2018)
  5. 窪田佳史、讃井將満:【クリティカル・ケアを極める-一歩進んだ総合内科医を目指して】内科クリティカル・ケア 知っておくべき知識・技術をまとめる 重症にはこれを武器に立ち向かう 適切な鎮痛・鎮静(解説/特集) Medicina 55巻10号 Page1623-1626(2018.09)
  6. 八塩章弘、讃井將満:【理解を深めよう! ICUでよくみるおもな疾患・病態】 心臓外科術後症例(解説/特集).Clinical Engineering 30巻1号 Page61-67(2018.12)
  7. 塩塚 潤二、讃井 將満:【心臓外科術後管理(成人)】日本集中治療医学会専門医テキスト
  8. 塩塚 潤二:【重症患者での心房細動】集中治療ここだけの話 田中竜馬編 医学書院

 

2017年 麻酔科・集中治療部 研究業績

原著論文


  1. Ogi, K. Sanui, M. Iizuka, Y. Aomatsu, A. Nakashima, I. Hamamoto, K. Okochi, T. and Lefor, AK.:Successful treatment of nonocclusive mesenteric ischemia after aortic valve replacement with continuous arterial alprostadil infusion: A case report.Int J Surg Case Rep. 2017;35:8-11.
  2. Shiotsuka, J. and Steel A, DJ.:The Sedative Effect of Propranolol on Critically Ill Patients: A Case Series. Front Med (Lausanne). 2017; 4:44.
  3. Kamio, T. Van, T. and Masamune, K.:Use of Machine-Learning Approaches to Predict Clinical Deterioration in Critically Ill Patients: A Systematic Review. International Journal of Medical Research & Health Sciences. 2017;6(6):1-7.
  4. Kobayashi, Y. Sanui, M. Mouri, H. Ishiguro, Y. and Lefor, AK.:Unilateral Pulmonary Edema Due to Leaflet Fracture of a Duromedics Edwards Bileaflet Mitral Valve.J Cardiothorac Vasc Anesth. 2017 Feb;31(1):e16-e17.
  5. Ikeura, T. Horibe, M. Sanui, M. Sasaki, M. Kuwagata, Y. Nishi, K. Kariya, S. Sawano, H. Goto, T. Hamada, T. Oda, T. Yasuda, H. Ogura, Y. Miyazaki, D. Hirose, K. Kitamura, K. Chiba, N. Ozaki, T. Yamashita, T. Koinuma, T. Oshima, T. Yamamoto, T. Hirota, M. Yamamoto, S. Oe, K. Ito, T. Iwasaki, E. Kanai, T. Okazaki, K. and Mayumi, T.:Validation of the efficacy of the prognostic factor score in the Japanese severity criteria for severe acute pancreatitis: A large multicenter study.United European Gastroenterol J. 2017 Apr;5(3):389-397.
  6. Horibe, M. Sasaki, M. Sanui, M. Sugiyama, D. Iwasaki, E. Yamagishi, Y. Sawano, H. Goto, T. Ikeura, T. Hamada, T. Oda, T. Yasuda, H. Shinomiya, W. Miyazaki, D. Hirose, K. Kitamura, K. Chiba, N. Ozaki, T. Yamashita, T. Koinuma, T. Oshima, T. Yamamoto, T, Hirota, M. Moriya, T. Shirai, K. Mayumi, T. and Kanai, T.:Continuous Regional Arterial Infusion of Protease Inhibitors Has No Efficacy in the Treatment of Severe Acute Pancreatitis: A Retrospective Multicenter Cohort Study. Pancreas. 2017 Apr;46(4):510-517.
  7. Yasuda, H. Nishimura, T. Kamo, T. Sanui, M. Nango, E. Abe, T. Takebayashi, T. Lefor, AK, and Hashimoto, S.:Optimal plateau pressure for patients with acute respiratory distress syndrome: a protocol for a systematic review and meta-analysis with meta-regression. BMJ Open. 2017 May 29;7(5):e015091.
  8. Miyamoto, K. Horibe, M. Sanui, M. Sasaki, M. Sugiyama, D. Kato, S. Yamashita, T, Goto, T. Iwasaki, E. Shirai, K. Oe, K. Sawano, H. Oda, T. Yasuda, H. Ogura, Y. Hirose, K. Kitamura, K. Chiba, N. Ozaki, T. Oshima, T. Yamamoto, T. Nagata, K. Mine, T. Saito, K. Sekin,o M. Furuya, T. Matsuda, N. Hayakawa, M. Kanai, T. and MayumI, T.:Plasmapheresis therapy has no triglyceride-lowering effect in patients with hypertriglyceridemic pancreatitis. Intensive Care Med. 2017 Jun;43(6):949-951.
  9. Horikita, S. Sanui, M. Fujimoto, Y. and Lefor,AK.:Successful repeat ECMO in a patient with AIDS and ARDS. BMJ Case Rep. 2017 Jun 28.
  10. Suzuki,J. Ohnuma,T. Sanayama,H. Ito,K. Fujiwara,T. Yamada,H. Lefor,AK. and Sanui,M.:The optimal timing of continuous renal replacement therapy according to the modified RIFLE classification in critically ill patients with acute kidney injury: a retrospective observational study. Renal Replacement Therapy. 2017 Jul 10;3:30.
  11. Hashimoto, S. Sanui, M. Egi, M. Ohshimo, S. Shiotsuka, J. Seo, R. Tanaka, R. Tanaka, Y. Norisue, Y. Hayashi, Y. and Nango, E;ARDS clinical practice guideline committee from the Japanese Society of Respiratory Care Medicine and the Japanese Society of Intensive Care Medicine.:The clinical practice guideline for the management of ARDS in Japan.J Intensive Care. 2017 Jul 25;5:50.
  12. Iizuka, Y. Sanui, M. Sasabuchi, Y. Lefor, AK. Hayakawa, M. Saito, S. Uchino, S. Yamakawa, K. Kudo, D. Takimoto, K. Mayumi, T. Azuhata, T. Ito, F. Yoshihiro, S. Hayakawa, K. Nakashima, T. Ogura, T. Noda, E. Nakamura, Y. Sekine, R. Yoshikawa, Y. Sekino, M. Ueno, K. Okuda, Y. Watanabe, M. Tampo, A. Saito, N. Kitai, Y. Takahashi, H. Kobayashi, I. Kondo, Y. Matsunaga, W. Nachi, S. Miike, T. Takahashi, H. Takauji, S. Umakoshi K. Todaka T. Kodaira H. Andoh K. Kasai T. Iwashita Y. Arai H. Murata, M. Yamane, M, Shiga, K. and Hori, N.:Low-dose immunoglobulin G is not associated with mortality in patients with sepsis and septic shock. Crit Care. 2017 Jul 13;21(1):181.
  13. Kitamura, K. Horibe, M. Sanui, M. Sasaki, M. Yamamiya, A. Ishii, Y. Yoshida, H. Sawano, H.Goto, T. Ikeura, T. Hamada, T. Oda, T. Yasuda, H. Ogura, Y. Miyazaki, D. Hirose, K. Chiba, N. Ozaki, T. Yamashita, T. Koinuma, T. Oshima, T. Yamamoto, T. Hirota, M. Azumi, Y. Nagata, K. Saito, N. Sato, M. Miyamoto, K. Iwasaki, E. Kanai, T. and Mayumi, T.:The Prognosis of Severe Acute Pancreatitis Varies According to the Segment Presenting With Low Enhanced Pancreatic Parenchyma on Early Contrast-Enhanced Computed Tomography: A Multicenter Cohort Study. Pancreas. 2017 Aug;46(7):867-873.
  14. Uozumi, M. Sanui, M. Komuro, T. Iizuka, Y. Kamio, T. Koyama, H. Mouri, H. Masuyama, T. Ono, K.and Lefor, AK.:Interruption of enteral nutrition in the intensive care unit: a single-center survey. J Intensive Care. 2017 Aug 4;5:52.
  15. Sasabuchi, Y. Yasunaga, H. Matsui, H. Lefor, AK. Fushimi, K. and Sanui, M.:Epidural analgesia is infrequently used in patients with acute pancreatitis : a retrospective cohort study. Acta Gastroenterol Belg. 2017 Jul-Sep;80(3):381-384.
  16. Yasuda, H. Sanui, M. Abe, T, Shime, N. Komuro, T. Hatakeyama, J. Matsukubo, S. Kawano, S. Yamamoto, H. Andoh, K. Seo, R. Inoue, K. Noda, E. Saito, N. Nogami, S. Okamoto, K. Fuke, R. Gushima, Y. Kobayashi, A. Takebayashi, T. and Lefor, AK;for Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care (JSEPTIC) Clinical Trial Group.:Comparison of the efficacy of three topical antiseptic solutions for the prevention of catheter colonization: a multicenter randomized controlled study. Crit Care. 2017 Dec 21;21(1):320.
  17. 橋本悟、讃井將満、江木盛時、大下慎一郎、 塩塚潤二、瀬尾龍太郎、田中竜馬、田中優、則末泰博、林淑朗、南郷栄秀、青木善孝、安藤幸吉、飯塚悠祐、今泉均、岡森慧、貝沼関志、片岡惇、加茂徹郎、川口敦、熊澤淳史、倉橋清泰、小尾口邦彦、近藤豊、櫻谷正明、下山哲、鈴木聡、鈴木裕之、関野元裕、中島幹男、西村哲郎、福田龍将、牧野淳、宮下亮一、森脇龍太郎、安田英人、吉武重徳、山下ユミ、中川好子、鈴木孝明、今中秀光、一門和哉、野崎歩、神津玲、卯野木健、高橋由典、芹田晃道、武澤恵理子、青景聡之、多治見公高、湯浅秀道、福岡敏雄、矢吹拓、相原守夫、中山健夫: 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会 日本集中治療医学会雑誌 2017; 24(1): 57-63
  18. 讃井將満:Source:我が国のNP、PA制度を考える 集中治療における看護師特定行為教育のあり方(解説).日本外科学会雑誌 (0301-4894)118巻1号 Page91-93(2017.01)
  19. 大森俊和、讃井將満、小山洋史、飯塚悠佑、宮田祐一、藤村一軌、太田裕、仲鉢英夫:プロポフォール注入症候群が疑われ薬剤師が早期介入した1例.日本病院薬剤師会雑誌 53巻1号 Page49-51(2017.01)
  20. 森實雅司、讃井將満、岩谷理恵子、高橋由典、上岡晃一、山香修:持続的腎代替療法関連業務の発生時間と施設の体制に関する多施設実態調査.日本集中治療医学会雑誌 24巻4号 Page423-425(2017.07)
  21. 宮澤恵果、小林康磨、簗瀬史貴、仲冨岳、梶浦明、大塚祐史、石黒芳紀:術前より深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症を合併した婦人科腫瘍摘出術の2症例 下大静脈フィルタ使用の検討.麻酔 66巻4号 Page415-419(2017.04)
  22. 村田洋章、本田康裕、山口庸子、齋藤慎二郎、飯塚悠祐、八木橋智子、讃井將満: ICUにおける体重測定は正確か?. 日本集中治療医学会雑誌 24巻6号 Page639-640(2017.11)
  23. 岩井健一、讃井將満、柴崎多恵子、岩谷理恵子、奥田晃久、平塚明倫、内野 滋彦、瀧浪將典: 血液ガス分析検査値は非侵襲的陽圧換気療法の失敗を予測できない. 日本集中治療医学会雑誌 24巻6号 Page625-627(2017.11)
  24. 八木街子、村上礼子、鈴木美津枝、渡辺芳江、菅野一枝、讃井將満、石川鎮清、春山早苗:急性期病院における特定行為にかかわる看護師の研修制度の活用のための示唆 受講ニーズ調査の結果から. 看護展望 42巻13号 Page1253-1259(2017.11)
  25. 牧野淳、鈴木涼平、川岸利臣、守谷俊、讃井將満:心タンポナーデを合併した急性インフルエンザ心膜炎の一例. 日本救急医学会関東地方会雑誌 38巻2号 Page255-258(2017.12)

 

学会発表


(海外)

  1. Horibe, M. Sasaki, M. and Sanui, M.: The effectiveness of continuous regional arterial infusion of protease inhibitors in severe acute necrotizing pancreatitis: A retrospective multi-center cohort study. International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine (ISICEM) Mar 21-24, 2017 poster presentation. ブリュッセル 3/21
  2. Horibe, M. Sasaki, M. and Sanui, M.: The association between antibiotic prophylaxis and candida infection in patients with severe acute pancreatitis. European Pancreatic Club (EPC) June 28 - July 1, 2017 poster presentation. (travel grant)ブダペスト 6/30, Pancreatology Volume 17, Issue 3, Supplement, July 2017, Page S92
  3. Horibe, M. Sasaki, M. and Sanui,M.: The factors for predicting hospital mortality in early stage of severe acute pancreatitis. United European Gastroenterology Week (UGEW)October 28-November 1,2017 Poster presentation バルセロナ, United European Gastroenterology Journal 5(5S) A195 10/30
  4. Taniguchi,Y. and Miyazawa,K:Anesthetic management for Cesarean section in the patient with Takayasu arthritis -Two case reports. American Society of Anesthesiologists (ASA) Annual Meeting, October 21-25,2017 Boston, USA.

 

学会発表


(国内)

  1. 牧野淳、中嶋いくえ、川岸利臣、讃井將満:健常若年女性に発症した突然のショック、日常診療で見られる疾患のピットフォール.第67回日本救急医学会関東地方会学術集会、平成29年2月4日、栃木
  2. 中張裕史、飯塚悠祐、讃井將満:開心術術後の患者において,Bioreactance法を用いた非侵襲的心拍出量モニタリングの有用性を検討した研究.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(デジタルポスター)
  3. 讃井將満: ICUスタッフが知っておくべきアセトアミノフェン静注液の上手な使い方.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(教育セミナー 座長)
  4. 鵜澤吉宏、神津玲、飯田有輝、小幡賢吾、小松由佳、髙田順子、高橋哲也、森沢知之、横山仁志、讃井將満: ICUで活躍するスタッフをどのように教育するか?ICUでの早期離床をテーマにした多職種対象実践セミナーの紹介と今後の課題.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(シンポジウム)
  5. 高橋京助、堀北奨、簗瀬史貴、中嶋いくえ、藤井達也、川岸利臣、飯塚悠祐、長友香苗、牧野淳、讃井將満:長期PCPS管理を要した放射線治療後収縮性心膜炎の一例.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(デジタルポスター)
  6. 道井亮輔、水枝谷一仁、岩切正樹、牛尾倫子、假屋太郎、河村岳、松吉健夫、長友香苗、内田寛治、山田芳嗣:麻酔科医の介入による術後ICU患者のアウトカムの変化.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(デジタルポスター)
  7. 藤井達也、小林雅矢、讃井將満、高橋京助、神尾直、中嶋いくえ、長友香苗、川岸利臣、飯塚悠祐、八木橋智子:重症患者ベッド移乗時のインシデント.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(口演)
  8. 川岸利臣、讃井將満、青松昭徳、飯塚悠祐、毛利英之、中嶋いくえ、藤井達也、高橋京助:開心術後の難治性の肺出血による気道閉塞に対し抗凝固療法なしにECMO管理を行った1例.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(デジタルポスター)
  9. 讃井將満:ARDS診断ガイドライン2016 ARDS診療ガイドライン2016の評価:アンケート結果から.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(シンポジウム)
  10. 牧野淳、青松昭徳、藤井達也、堀北奨、簗瀬史貴、川岸利臣、高橋京助、中嶋いくえ、飯塚悠祐、讃井將満:感染症専門医資格を有する集中治療医の育成 集中治療医として新たなモデルの提案.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(デジタルポスター)
  11. 讃井將満:PICS予防とリハビリテーション.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(教育講演 座長)
  12. 伊敷聖子、塩塚潤二、毛利英之、中山泉、安元浩、天願俊穂、仲嶺洋介、村上隆啓、依光たみ枝:低肺機能患者の喀血を伴う肺アスペルギルス症に対し集学的治療を行い救命した一例.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(デジタルポスター)
  13. 岡秀樹、中山泉、毛利英之、塩塚潤二:急性喉頭蓋炎の緊急気道確保に対してエアウェイスコープを用いた経口挿管の使用経験.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(デジタルポスター)
  14. 松田瞳、太田陽子、新垣智子、毛利英之:標準口腔ケア基本の導入.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月9日、札幌(ポスターFP)
  15. 東別府直紀、讃井將満、祖父江和哉:ICUにおける栄養療法国際調査の参加経験は優れた栄養療法と関連する.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月10日、札幌(デジタルポスター)
  16. 安部諒、門手和義、宮村大治郎、永井勝信、飯塚悠祐、讃井將満:当センターICU患者における離床遅延例の自立歩行獲得には何が影響するか.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月10日、札幌(口演)
  17. 簗瀬史貴、青松昭徳、中嶋いくえ、高橋京助、藤井達也、川岸利臣、長友香苗、飯塚悠祐、牧野淳、讃井將満:食道穿通を伴った感染性大動脈瘤に対し大動脈ステント,食道抜去を行い救命した一例.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月10日、札幌(口演)
  18. 梶原絢子、讃井將満、小室哲也、飯塚悠祐、毛利英之、八木橋智子、中川温美、八坂剛一、下山哲、守谷俊:教育用動画視聴後アンケートからみる心肺蘇生教育の現状と課題.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月10日、札幌(口演)
  19. 讃井將満:ARDSの最新情報 病態生理と診断:ARDSという包括概念の価値を問う.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月10日、札幌(シンポジウム)
  20. 小山智士、中山泉、西岡典宏、毛利英之、座喜味盛哉:特発性細菌性腹膜炎により腹腔内圧上昇をきたしマネジメントに苦慮した一例.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月10日、札幌(デジタルポスター)
  21. 村上隆啓、天願俊穂、安元浩、伊敷聖子、仲嶺洋介、中山泉、毛利英之:一般外科術後肺血栓塞栓症の2例.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月10日、札幌(デジタルポスター)
  22. 矢田部智昭、江木盛時:、伊藤隆史、稲垣伸洋:、加藤弘美、上野原淳、小西周、巽博臣、戸部賢、中嶋いくえ、中本直樹、西村健、新田正和、西村匡司:みんなで臨床研究をやろう!集中治療室における蛋白質投与量に関する多施設観察研究.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月11日、札幌(委員会報告)
  23. 中嶋いくえ、原口裕美子、青松昭徳、川岸利臣、飯塚悠祐、牧野淳、坂倉健一、藤田英雄、百村伸一、讃井將満:胸骨骨折に伴った外傷性右冠動脈損傷の一例、第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月11日、札幌(口演)
  24. 讃井將満:その他②.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月11日、札幌(デジタルポスター 座長)
  25. 小林康磨、青松昭徳、讃井將満:胸腔鏡下右肺上葉, 右下葉部分切除後に右中葉捻転を発症した一例.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月11日、札幌(デジタルポスター)
  26. 増山智之、千々和剛、鈴木涼平、天笠俊介、海老原貴之、小山洋史、神尾直、飯塚悠祐、讃井將満、守谷俊:ショックに対する集中治療管理後の続発性真性包茎.第44回日本集中治療医学会学術集会、平成29年3月11日、札幌(デジタルポスター)
  27. 讃井將満:最適な輸液蘇生のためのmagic bulletがない状況のなかで.日本麻酔科学会64回学術集会、平成29年6月9日、神戸(シンポジウム)
  28. 谷口由枝:小児ポスターディスカッション.日本麻酔科学会64回学術集会、平成29年6月9日、神戸(一般演題 座長)
  29. 山川一馬、久宗遼、吉川吉暁、早川峰司、工藤大介、讃井將満、内野慈彦、飯塚悠祐、齋藤慎二郎、滝本浩平、真弓俊彦:敗血症病態における血小板減少の臨床的意義 ―J-septic DIC 多施設研究より―.第39回日本血栓止血学会学術集会、平成29年6月10日、名古屋(口演)
  30. 後藤卓子、大西由紀子、岡島美朗、松野由以、馬場知子、星野美欧、岡本阿由美、村岡篤、石井彰、清崎浩一:術後疼痛管理に難渋し、高用量オピオイド投与が長期化した症例.第22回日本緩和医療学会学術大会、平成29年6月23日、横浜(ポスターセッション)
  31. 神尾直:一般床からの予期せぬICU入室例における呼吸数の測定頻度.第39回日本呼吸療法医学会学術集会、平成29年7月15日、東京(口演)
  32. 川岸利臣:NPPV・HFNC装着患者搬送プロトコール作成の試み.第39回日本呼吸療法医学会学術集会、平成29年7月16日、東京(口演)
  33. 後藤卓子、丹羽康則、平光輝、谷口由枝、蓮見謙司、五十嵐孝:周術期の継続介入により癌性疼痛に対する高用量オピオイドが術後早期に離脱できた1症例.日本ペインクリニック学会第51回大会、平成29年7月21日、岐阜(ポスター)
  34. 讃井將満:重症呼吸不全には筋弛緩薬を使用すべきではない.第39回日本呼吸療法医学会学術集会、平成29年7月16日、東京(Pro-Con)
  35. 讃井將満:呼吸.第1回日本集中治療医学会関東甲信越支部学術集会、平成29年7月29日、さいたま(一般演題 座長)
  36. 讃井將満:ランチョンセミナー4.第1回日本集中治療医学会関東甲信越支部学術集会、平成29年7月29日、さいたま(座長)
  37. 讃井將満:ARDS診療ガイドライン2016 公開1周年を迎えて.第1回日本集中治療医学会関東甲信越支部学術集会、平成29年7月29日、さいたま(教育講演)
  38. 西沢良平:腕頭動脈に迷入した中心静脈カテーテルをAngio-Seal TMによる血管内治療で安全に抜去し得た1例.第1回日本集中治療医学会関東甲信越支部学術集会、平成29年7月29日、さいたま(口演)
  39. 讃井將満:当センターICUにおける院内外を結ぶ遠隔診療の試み.第1回日本集中治療医学会関東甲信越支部学術集会、平成29年7月29日、さいたま(口演)
  40. 讃井將満:急性大動脈解離の周術期管理:集中治療医の立場から.第1回日本集中治療医学会関東甲信越支部学術集会、平成29年7月29日、さいたま(シンポジウム)
  41. 関根彰子:初回脳卒中様発作後に臓器障害・代謝障害が進行しICU管理を要したミトコンドリア脳菌症の一例.第1回日本集中治療医学会関東甲信越支部学術集会、平成29年7月29日、さいたま(口演)
  42. 西沢良平、柿本大輔、石黒芳紀:びまん性肺動静脈瘻に対する肺葉切除の麻酔管理.日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、平成29年9月2日、東京(ポスターセッション)
  43. 中張裕史、飯塚悠祐、讃井將満:開心術術後の患者において、Bioreactance法を用いた非侵襲的持続心拍出量モニタリングの有用性を検討した研究.日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、平成29年9月2日、東京(ポスターセッション)
  44. 佐藤綾美、宮﨑紗衣子、済川由美、加藤剛、稲村実穂子、新見能成:繰り返す僧帽弁周囲逆流にManouguian法を用いて修復を試みた感染性心内膜炎の一例.日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、平成29年9月2日、東京(ポスターセッション)
  45. 中張裕史、砂川浩、鈴木新太郎:胃癌の術後出血による消費性の凝固障害により、遅発性に硬膜外血腫を来したと考えられる一症例 .日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、平成29年9月2日、東京(ポスターセッション)
  46. 大木紗弥香、谷口由枝:抜管後の下肢麻痺から硬膜外カテーテルのくも膜下腔迷入を疑った一症例 .日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、平成29年9月2日、東京(ポスターセッション)
  47. 網谷静香、砂川浩、鈴木新太郎:色素性乾皮症患者の麻酔経験.日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、平成29年9月2日、東京(ポスターセッション)
  48. 北島明日香、仲冨岳、大塚祐史:抜管直後に突然のペースメーカー不全から心停止をきたした1症例.日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、平成29年9月2日、東京(ポスターセッション)
  49. 網谷静香、砂川 浩、鈴木新太郎:抗菌薬投与によるアナフィラキシーショックを起こした一例.日本麻酔科学会 関東甲信越・東京支部第57回合同学術集会、平成29年9月2日、東京(ポスターセッション)
  50. 石黒芳紀:TEE教育について考える-アメリカの教育システムから学ぶ、Cardiovascular Anesthesia、平成29年9月16日、栃木(シンポジウム 座長)
  51. 讃井將満:心臓血管麻酔後の集中治療管理.日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会、平成29年9月16日、栃木(シンポジウム 座長)
  52. 讃井將満:心臓麻酔医が知っておくべき急性呼吸不全患者の人工呼吸-基礎から術中管理への応用-.日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会、平成29年9月17日、栃木(基調講演 座長)
  53. 谷口由枝:小児心臓術後High-flow nasal cannulaの現在と未来.日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会、平成29年9月17日、栃木(教育講演 座長)
  54. 橋谷舞、青山泰樹、佐島威行、石黒芳紀:大動脈弁輪部の限局性内膜断裂による弁尖逸脱が原因と考えられた大動脈弁閉鎖不全の1例.日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会、平成29年9月16日、栃木(口演)
  55. 高橋京助、佐島威行、石黒芳紀:置換直後の生体弁が中等度経弁逆流を呈した僧帽弁置換術の1例.日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会、平成29年9月16日、栃木(口演)
  56. 佐島威行、石黒芳紀:足の塞栓症状から発症した粘液腫の手術時期の判断に苦慮した1症例.日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会、平成29年9月17日、栃木(ポスターセッション)
  57. 吉永晃一、佐島威行、石黒芳紀、青山泰樹:右冠動脈瘤に合併した冠動脈-右室瘻が術中に判明し、治療し得た1例.日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会、平成29年9月18日、栃木(ポスターセッション)
  58. 神尾直、牧野淳、讃井將満:造血幹細胞移植実施施設におけるrapid response system.第79回日本血液学会術集会、平成29年10月20日-22日、東京
  59. 讃井將満、安田英人、武居哲洋、齋藤伸行、堀部昌靖、早川峰司、植西憲達倉橋清泰、東別府直紀、真弓俊彦:多施設研究による日本からの情報発信 JSEPTIC-CTGの歩み.第45回救急医学会総会・学術集会平成29年10月24日-26日、大阪
  60. 木村正彦、立石直人、大塚潔、長谷部忠史、阿部智美、八木橋智子、安良岡幸子、堀口久光、讃井將満、遠山信幸:バンコマイシン適正使用に向けた取り組み.第11回医療の質・安全学会学術集会、平成29年11月19日-20日、東京
  61. 梶原絢子、讃井將満、小室哲也、川岸利臣、中川温美、八木橋智子、守谷俊: 当センターにおける教育用動画視聴を取り入れた心肺蘇生教育の現状と課題. 第12回医療の質・安全学会学術集会、平成29年11月25日-26日、千葉
  62. 木村正彦、大塚潔、八木橋智子、安良岡幸子、長谷部忠史、讃井將満、遠山信幸:ICU専任薬剤師の他職種連携とインシデントレポートの解析. 第12回医療の質・安全学会学術集会、平成29年11月25日-26日、千葉

 

総説・著書


  1. 橋本悟、讃井將満、江木盛時、大下慎一郎、塩塚潤二、瀬尾龍太郎、田中竜馬、田中優、則末泰博、林淑朗、南郷栄秀、青木善孝、安藤幸吉、飯塚悠祐、今泉均、 岡森慧、貝沼関志、片岡惇, 加茂徹郎、川口敦、熊澤淳史、 倉橋清泰、小尾口邦彦、近藤豊、櫻谷正明、下山哲、鈴木聡、鈴木裕之、関野元裕、中島幹男、西村哲郎、福田龍将、牧野淳、宮下亮一、森脇龍太郎、安田英人、吉武重徳、山下ユミ、中川好子、鈴木孝明、今中秀光、一門和哉、野崎歩、神津玲、卯野木健、高橋由典、芹田晃道、武澤恵理子、青景聡之、多治見公高、湯浅秀道、福岡敏雄、矢吹拓、相原守夫、中山健夫、 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会:ARDS診療ガイドライン2016(解説)、日本集中治療医学会雑誌 24巻1号 Page57-63(2017.01)
  2. 讃井將満:【ここが変わった!ガイドライン ARDSキーポイント15】 (Theme 15)日常臨床における新しいARDSガイドラインの活用法(解説/特集). 呼吸器ケア 15巻1号 Page108-110(2017.01)
  3. 塩塚潤二:【ICUエコー】(Part 2)Intensivistに求められる超音波診断 循環器系 ICUにおけるTTEとTEEの使い分け(解説/特集) . Intensivist 9巻1号 Page94-100(2017.01)
  4. 長友香苗、讃井將満:重症患者の不眠とせん妄治療戦略の現況(解説).臨床麻酔 41巻臨増 Page309-318(2017.03)
  5. 増山智之、讃井將満、金子貴久、内野滋彦、熊澤淳史、幸部吉郎、中田孝明:【輸液・ボリューム管理】(Part 1)総論 モデルケース 敗血症のボリューム評価と管理 私ならこうする(解説/特集).Intensivist 9巻2号 Page327-340(2017.04)
  6. 増山智之、讃井將満:【輸液・ボリューム管理】(Part 1)総論 輸液必要性と輸液反応性 その考え方と指標について(総説/特集)Intensivist 9巻2号 Page311-326(2017.04)
  7. 谷口由枝:2.検査・処置における鎮静・鎮痛. 13章 リスクマネージメント 第2版Page 462-470(2017.06)
  8. 牧野淳、讃井將満:【抗菌薬-その常識は正しいか?-】 使用法・評価など その常識は正しいか? 1週間以上抗菌薬治療が必要な感染症には何があるか?(Q&A/特集). 救急・集中治療 29巻7-8号 Page561-565(2017.07)
  9. 加藤剛、塩塚潤二、讃井將満:【AKI診療の進歩2017】 AKIの管理 呼吸管理(解説/特集). 腎と透析 83巻3号 Page350-354(2017.09)
  10. 松尾耕一、讃井將満:ナース・研修医が必ずぶつかる 人工呼吸管理の「わかりません!」を29人の腕利きエースが解決する本】 (第2部)患者管理・モニタリング ARDS患者に対する一回換気量6mL/kg、例外をどう考えるか(解説/特集).呼吸器ケア 2017冬季増刊 Page119-125(2017.12)

 

2016年 麻酔科・集中治療部 研究業績

原著論文


  1. Hayakawa,M. Yamakawa,K. Saito,S. Uchino,S. Kudo,D. Iizuka,Y. Sanui,M. Takimoto,K. Mayumi,T. and Ono,K; Japan Septic Disseminated Intravascular Coagulation (JSEPTIC DIC) study group:Recombinant human soluble thrombomodulin and mortality in sepsis-induced disseminated intravascular coagulation. A multicentre retrospective study,Thromb Haemost. 2016 Jun 2;115(6):1157-66..
  2. Yamakawa,K. Umemura,Y. Hayakawa,M. Kudo,D. Sanui,M. Takahashi,H. Yoshikawa,Y. Hamasaki,T. and Fujimi,S:Japan Septic Disseminated Intravascular Coagulation (J-Septic DIC) study group:Benefit profile of anticoagulant therapy in sepsis: a nationwide multicentre registry in Japan, Crit Care. 2016 Jul 29;20(1):229.
  3. Hayakawa,M. Saito,S. Uchino,S. Yamakawa,K. Kudo,D. Iizuka,Y. Sanui,M. Takimoto,K. Mayumi,T. Azuhata,T. Ito,F, Yoshihiro,S. Hayakawa,K. Nakashima,T. Ogura,T. Noda,E. Nakamura,Y. Sekine,R. Yoshikawa,Y. Sekino,M. Ueno,K. Okuda,Y. Watanabe,M. Tampo, A. Saito,N. Kitai,Y. Takahashi,H. Kobayashi,I. Kondo,Y. Matsunaga,W. Nachi,S. Miike, T. Takahashi,H. Takauji,S. Umakoshi,K. Todaka,T. Kodaira,H. Andoh,K. Kasai,T. Iwashita,Y. Arai,H. Murata,M. Yamane,M. Shiga,K. and Hori,N:Characteristics, treatments, and outcomes of severe sepsis of 3195 ICU-treated adult patients throughout Japan during 2011-2013. J Intensive Care. 2016 Jul 12;4:44.
  4. Sasabuchi,Y. Kimura,N. Shiotsuka,J. Komuro,T. Mouri,H. Ohnuma,T. Asaka,K. Lefor,AK. Yasunaga,H. Yamaguchi,A. Adachi,H. and Sanui,M:Long-Term Survival in Patients With Acute Kidney Injury After Acute Type A Aortic Dissection Repair,Ann Thorac Surg. 2016 Dec;102(6):2003-2009.
  5. Miyazawa,K. Otsuka,Y. and Ishiguro,Y:Wide discrepancies in activated clotting times measured by two devices were detected for a patient with lupus anticoagulant in a cardiac surgery,Perfusion. 2016 Oct 5.
  6. Taito, S. Sanui, M. Yasuda, H. Shime, N. and Lefor, AK. :Current rehabilitation practices in intensive care units: a preliminary survey by the Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care (JSEPTIC) Clinical Trial Group. Japanese Society of Education for Physicians and Trainees in Intensive Care (JSEPTIC) Clinical Trial Group. J Intensive Care. 2016 Oct 28;4:66.
  7. Hayakawa, M. Kudo,D. Saito,S. Uchino,S. Yamakawa,K. Iizuka,Y. Sanui,M. Takimoto,K. Mayumi,T. Ono,K. Azuhata,T. Ito,F. Yoshihiro,S. Hayakawa,K. Nakashima,T. Ogura,T. Noda,E. Nakamura,Y. Sekine,R. Yoshikawa,Y. Sekino,M. Ueno,K. Okuda,Y. Watanabe, M. Tampo,A. Saito,N. Kitai,Y. Takahashi,H. Kobayashi,I. Kondo,Y. Matsunaga,W. Nachi,S. Miike,T. Takahashi,H. Takauji,S. Umakoshi,K. Todaka,T. Kodaira,H. Andoh,K. Kasai,T. Iwashita,Y. Arai,H. Murata,M. Yamane,M. Shiga,K. and Hori,N:Antithrombin Supplementation and Mortality in Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Multicenter Retrospective Observational Study, Shock. 2016 Dec;46(6):623-631.
  8. 岩下義明、讃井將満、今井寛:集中治療室のない病院における医師の重症患者管理に対する意識調査.日本救急医学会誌(0915-924X)27巻6号,Page175-183,2016.1

 

 

学会発表


(国内)

  1. 讃井將満:教育講演5 重症患者管理における間接熱量計による代謝モニタに意識.第31回体液・代謝管理研究会年次学術集会、2016年1月23日、東京
  2. 讃井將満:ワークショップ3 臨床研究を始めよう.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(座長)
  3. 早川峰司、齋藤慎二郎、内野慈彦、山川一馬、工藤大介、飯塚悠祐、讃井將満、滝本浩平、真弓俊彦:J-SEPTIC DIC study 報告.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(シンポジウム)
  4. 讃井將満:Pro-Con 2 電気刺激療法:muscle wastingを予防する.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(座長)
  5. 齋藤伸行、讃井將満:人工呼吸療法に関する疫学研究.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(口演)
  6. 増山智之、吉田直人、飯塚悠祐、小室哲也、神尾直、小林雅矢、八木橋智子、笹渕裕介、讃井將満:重症患者におけるスボレキサントのせん妄発症に与える影響.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(口演)
  7. 堀北奨、讃井將満、松永渉、神尾直、藤本由貴、毛利英之、簗瀬史貴、柿本大輔:AIDS患者のPjPに対して、VV-ECMOを用いて救命した一例.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(デジタルポスター)
  8. 簗瀬史貴、小室哲也、飯塚悠祐、増山智之、神尾直、大城国夫、中嶋いくえ、青松昭徳、讃井將満:当院心臓外科手術後の下肢対麻痺に対する bundle treatment の取り組み.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(デジタルポスター)
  9. 吉田直人、増山智之、中嶋いくえ、大城国夫、神尾直、飯塚悠祐、小室哲也、小林雅矢、八木橋智子、讃井將満:当センターICUにおけるCAM-ICUを用いたせん妄評価の実態調査.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(デジタルポスター)
  10. 讃井將満:気道・呼吸・呼吸管理⑤.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(座長)
  11. 内山哲平、大城国夫、八木橋智子、讃井將満:経皮的気管切開術チェックリストの有用性の検証(第2報).第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(ポスター)
  12. 早川峰司、齋藤慎二郎、内野慈彦、山川一馬、工藤大介、飯塚悠祐、讃井將満、滝本浩平、真弓俊彦:JSEPTIC DIC study報告:JSEPTIC DIC study オーバービュー.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月12日、神戸(ポスター)
  13. 下山哲、讃井將満、守谷俊:心臓手術後の心房細動予防に対するベータ遮断薬の有用性についてー各種メタ解析からの分析.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(口演)
  14. 讃井將満:筋弛緩薬を用いた人工呼吸管理は重要ARDSに必要である,Con.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸
  15. 讃井將満:Using hemodynamic monitoring to diagnose and treat critical illness.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(招聘講演座長)
  16. 安田英人、讃井將満、小室哲也、畠山淳司、松窪将平、河野真二、山本泰史、安藤幸吉、瀬尾龍太郎、志馬伸朗:中心静脈カテーテル関連血流感染症予防のために~クロルヘキシジン v. ポビドンヨード.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(シンポジウム)
  17. 堀部昌靖、江木盛時、佐々木満仁、讃井將満:重症急性膵炎における蛋白分解酵素阻害薬の動注療法に関するシステマティックレビュー.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(シンポジウム)
  18. 堀部昌靖、佐々木満仁、讃井將満、杉山大典、岩崎栄典、澤野宏隆、後藤隆司、池浦司、金井隆典、真弓俊彦:プロテアーゼインヒベターの持続的局所動注療法は重症急性膵炎に対して効果を認めなかった.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸
  19. 齋藤伸行、讃井將満:人工呼吸療法に関する疫学研究.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸
  20. 橋本悟、讃井將満、江木盛時、大下慎一郎、塩塚潤二、田中竜馬、瀬尾龍太郎、則末泰博、林淑朗、南郷栄秀:ARDS 診療のためのガイドライン.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸
  21. 岸原悠貴、堀部昌靖、讃井將満、安田英人、本澤大志、三浪陽介、東秀律:本邦における重症急性膵炎の原因別における患者背景および予後の検討:多施設後方視的観察研究結果.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸
  22. 早川峰司、山川一馬、齋藤慎二郎、内野慈彦、工藤大介、飯塚悠祐、讃井將満、滝本浩平、真弓俊彦:JSEPTIC DIC study 報告:敗血症性DICに対するトロンポモジュリン製剤の効果.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(口演)
  23. 早川峰司、工藤大介、齋藤慎二郎、内野慈彦、山川一馬、飯塚悠祐、讃井將満、滝本浩平、真弓俊彦:JSEPTIC DIC study 報告:敗血症性DICに対するアンチトロピン製剤の効果.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(口演)
  24. 工藤大介、早川峰司、内野慈彦、讃井將満、山川一馬、飯塚悠祐、滝本浩平、齋藤慎二郎、真弓俊彦:JSEPTIC DIC study 報告:敗血症性DIC治療方針の転帰への影響.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(口演)
  25. 大城国夫、青松昭徳、佐藤瑞樹、小室哲也、飯塚悠祐、神尾直、簗瀬史貴、中嶋いくえ、毛利英之、讃井將満:当センターにおける開心術後の非閉塞性腸間膜虚血に対する取り組み.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(口演)
  26. 澤野宏隆、堀部昌靖、佐々木満仁、後藤隆司、池浦司、濱田毅、尾田琢也、安田英人、真弓俊彦、讃井將満:重症急性膵炎に対するrenal replacement therapy の効果-多施設観察研究-.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(口演)
  27. 毛利英之、中山泉、小山淳、村上隆啓:縦隔奇形腫を合併した抗NMDA受容体脳炎の1例.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月13日、神戸(ポスター)
  28. 讃井將満:ワークショップ6 はじめてのメタ解析,システマティックレビュー.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月14日、神戸(座長)
  29. 讃井將満:ICU で間接熱量計をどのように活かすか.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月14日、神戸(ランチョンセミナー)
  30. 笹渕裕介、康永秀生、松居宏樹、Alan Lefor、堀口裕正、伏見清秀、讃井將満:集中治療室の病床規模によって重症患者の年間施設別症例数とアウトカムの関係が変化するか.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月14日、神戸(口演)
  31. 安藤勝信、百瀬直樹、大河原晋、神尾直、中嶋いくえ、大城国夫、青松昭徳、中張裕史、森下義幸、讃井將満:持続血液浄化血液回路におけるAeromonas hydrophila について.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月14日、神戸(口演)
  32. 伊敷聖子、安元浩、天願俊穂、仲嶺洋介、中山泉、毛利英之、村上隆啓:PCPS,IABPを実施し救命した術中呼吸循環不全を呈した感染性心内膜炎.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月14日、神戸(ポスター)
  33. 中山泉、毛利英之、西岡典宏、耒田善彦:けいれん重積発作後に急性尿酸性腎症を来した一例.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月14日、神戸(ポスター)
  34. 小山洋史、東別府直紀、中川温美、神尾直、讃井將満:国際栄養調査2013 本邦におけるグルタミンの投与の実態.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月、神戸
  35. 東別府直紀、讃井將満、祖父江和哉、佐藤武揚、水野篤:本邦ICUでの経腸栄養と予後への影響について国際栄養調査2011と2013の結果から.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月、神戸
  36. 安田英人、讃井將満、小室哲也、畠山淳、松窪将平、河野真二、山本泰史、安藤幸吉、瀬尾龍太郎、志馬伸朗:臨床研究を始めよう 多施設ランダム化比較試験を計画実行してみえたこと.第43回日本集中治療医学会学術集会、2016年2月、神戸
  37. 松岡俊、増山智之、桑名司、堀智志、織田美紀、伊原慎悟、賀川哲夫、酒井康行、澤田奈実、讃井將満、守谷俊、木下浩作:非閉塞性腸管虚血による腸管壊死に下壊死を合併した一例.日本救急医学会関東地方会、2016年2月、東京
  38. 讃井將満:低容量換気の理想と現実.日本呼吸器学会 2016年4月、京都(シンポジウム)
  39. 讃井將満:我が国のNP、PA制度を考える集中治療における看護師特定行為教育の在り方.日本外科学会定期学術集会、2016年4月10日、大阪(シンポジウム)
  40. 松永渉、小林康磨、北島明日香、簗瀬史貴、瀧澤裕、笹渕裕介、讃井將満:開心術中におけるHES製剤投与と術後急性腎障害.日本麻酔科学会第64回学術集会、2016年5月28日、福岡
  41. 梶浦明、唐崎 元一郎:ソフト凝固により異常高血圧を来した根治的腎摘除術の一症例.第13回麻酔科学サマーセミナー、2016年6月24日-26日、沖縄
  42. 橋本悟、讃井將満:シンポジウム1 新しいARDS診療ガイドライン.第38回日本呼吸療法医学会学術集会、2016年7月16日-17、名古屋(座長)
  43. 讃井將満、田村富美子:シンポジウム5 人工呼吸器離脱前後のケアの在り方.第38回日本呼吸療法医学会学術集会、2016年7月16日-17、名古屋(座長)
  44. 讃井將満:シンポジウム1 ARDS診療ガイドライン作成こぼれ話.第38回日本呼吸療法医学会学術集会、2016年7月16日-17、名古屋
  45. 飯塚悠祐:シンポジウム5 看護特定行為としての人工呼吸器離脱:ここを見て欲しい.第38回日本呼吸療法医学会学術集会、2016年7月16日-17、名古屋
  46. 牧野淳:急激な経過をたどり死に至ったMRSA市中肺炎の一例.第114回近畿救急医学研究会、2016年7月16日、大阪(口演)
  47. 讃井將満:共催セミナー デクスメデトミジンこぼれ話2016.日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第56回合同学術集会、2016年9月3日、東京
  48. 石黒芳紀:基調講演2「Review of the 2014 AHA/ACC Guideline for the Management of Patients With Valvular Heart Disease」日本心臓血管麻酔学会第21回学術大会、2016年9月16日、横浜(座長)
  49. 石黒芳紀:TEEセミナー 心機能とTEE.日本心臓血管麻酔学会第21回学術大会、2016年9月16日、横浜(座長)
  50. 柿本大輔、宮澤恵果、佐島威行、梶浦明、石黒芳紀:橈骨動脈中枢側穿刺における超音波ガイド下穿刺の安全性・有用性の検証.日本心臓血管麻酔学会第21回学術大会、2016年9月16日、横浜
  51. 讃井將満:シンポジウム 成人心臓血管麻酔における集中治療管理.日本心臓血管麻酔学会第21回学術大会、2016年9月17日、横浜(座長)
  52. 佐島威行、宮澤恵果、梶浦明:胸腹部大動脈瘤手術時の対麻痺予防に挿入したスパイナルドレナージにより髄液瘻を発症した1例.日本心臓血管麻酔学会第21回学術大会、2016年9月17日、横浜
  53. 宮澤恵果、佐島威行、石黒芳紀:大動脈縮窄症を合併した二尖弁大動脈弁閉鎖不全症に対して 自己弁温存基部置換術を施行し、下肢の動脈圧測定が術中管理に役立った一症例.日本心臓血管麻酔学会第21回学術大会、2016年9月17日、横浜
  54. 松永渉、砂川浩:脊髄ドレナージカテーテルの屈曲による神経根症状を呈した1例.日本心臓血管麻酔学会第21回学術大会、2016年9月17日、横浜
  55. 佐島威行、谷口由枝:P16-1 特殊疾患3 先天性中枢性低換気症候群をともなった神経芽細胞腫手術の麻酔経験.日本小児麻酔学会 第22回大会、2016年10月、横浜
  56. 塩谷竜之介、川村愛、森野諄紀、杉谷直大、渡辺晋二、渡辺萌理、石井彰、飯塚悠祐、菅原斉、寺井千尋:急性漿膜炎で発症した全身性エリテマトーデス(SLE)の1例.日本内科学会関東地方会627回、2016年10月8日、千葉
  57. 神尾直、讃井將満、早川峰司、工藤大介、内野慈彦、山川一馬、滝本浩平、真弓俊彦、飯塚悠祐、松永渉:A very restrictive transfusion strategy in patients with severe sepsis may worsen the outcome.第78回日本血液学会学術集会、2016年10月13日、横浜
  58. 安藤勝信、内田隆行、小藤雅也、草浦理恵、百瀬直樹、讃井將満、大河原晋、森下義幸:急性血液浄化療法を安全に施行管理するための体制とチーム医療~当センターの場合~.日本急性血液浄化学会、2016年10月28日、東京
  59. 讃井將満、岩井健一:敗血症性ショックに対して血液浄化は必須のアイテムですか?敗血症性ショックに対して血液浄化は必須アイテムではない.日本急性血液浄化学会、2016年10月28日、東京(プロコン)
  60. 讃井將満:臨床上の疑問(Clinical question)の発案.日本集中治療医学会 第1回 臨床研究セミナー、2016年10月29日、東京(座長)
  61. 讃井將満:CQを検討するための臨床計画の立案.日本集中治療医学会 第1回 臨床研究セミナー、2016年10月29日、東京
  62. 梶浦明、熊切由美子、佐島威行、大塚祐史、石黒芳紀:同一症例においてスガマデクスによる筋弛緩回復とロクロニウムによる緊急筋弛緩を複数回繰り返した一症例.日本臨床麻酔学会 第36回大会、2016年11月3日、高知
  63. 明畠良太、梶浦明、後藤卓子、石黒芳紀:術中にシャント音を聴取していたにもかかわらず、手術終了時に血液透析シャント閉塞を生じた1例.日本臨床麻酔学会 第36回大会、2016年11月4日、高知
  64. 牧野淳:Epidural Empyema Secondary to Direct Extension from Acute Frontal Sinusitis:The Role of Actinomyces meyeri. 第44回日本救急医学会総会、2016年11月18日、東京
  65. 木村正彦、立石直人、大塚潔、長谷部忠史、阿部智美、八木橋智子、安良岡幸子、堀口久光、讃井將満、遠山信幸:バンコマイシン適正使用に向けた取り組み.医療の質・安全学会、2016年11月19日-20日、千葉
  66. 讃井將満:Tele-ICUとEWS. 共催セミナー RRS(Rapid Response System)における最新トピックス 呼吸数を連続的に把握することの重要性とその課題.医療の質・安全学会、2016年11月19日、千葉

 

総説・著書


  1. 神尾直、松永渉、大塚祐史:【心臓血管外科 後編】心臓血管外科における周術期管理 胸骨正中切開術後の心肺蘇生 その特殊性と再開胸を含めた対応.Intensivist(1883-4833)8巻1号,Page49-59,2016.1
  2. 下山哲、讃井將満:【心臓血管外科 後編】心臓血管外科における周術期管理 薬物の適応とcontroversy(その2) シベレスタット,チオペンタール,ステロイドに関するシステマティックレビュー.Intensivist(1883-4833)8巻1号,Page75-104,2016.1
  3. 小山洋史、讃井將満:【心臓血管外科 後編】心臓血管外科における周術期管理 薬物の適応とcontroversy(その1) 冠血管拡張薬,フロセミドカルペリチド,トルバプタン(解説/特集) .Intensivist(1883-4833)8巻1号,Page67-74,2016.1
  4. 佐藤瑞樹、青松昭徳、讃井將満:【心臓血管外科 後編】術後合併症 非閉塞性腸間膜虚血(NOMI) NOMIプロトコルを作成し早期治療を目指す(解説/特集).Intensivist(1883-4833)8巻1号,Page193-202,2016.1
  5. 佐藤瑞樹、讃井將満:【心臓血管外科 後編】術後合併症 心臓手術後の高乳酸血症 乳酸値が急激に上昇,遷延する症例には積極的な原因検索が必要(解説/特集).Intensivist(1883-4833)8巻1号,Page204-210,2016.1
  6. 讃井將満、橋本悟:救急・集中治療に関連した重要事項 急性呼吸促迫症候群(ARDS).救急・集中治療医学レビュー2016-'17巻,Page346-351,2016.2
  7. 讃井將満:堀田論文に対するEditorial Comment Ifthe gut works,use it.心臓48(6),Page637-638,2016
  8. 讃井將満:【人工呼吸器離脱と看護】(Part3)人工呼吸器離脱に時間を要する場合 対象患者の特徴と離脱の流れ(解説/特集).看護技術(0449-752X),Page225-229,2016.3
  9. 松尾耕一、讃井將満:【急性呼吸不全・ARDS-基本知識と看護の実践-】ARDSの管理・ケアに必要な基本的知識 ARDSに対する全身管理 ARDSの診療では全身を診ることが大切です(解説/特集).重症集中ケア(287-2899)5巻1号,Page31-40,2016.3
  10. 讃井將満:【患者さんの状態が変わった!そのとき輸液はどうなるか!?】(PART-1)輸液療法の理解に役立つ基本知識(解説/特集).ナース専科(0285-0451)36巻4号,Page12-15,2016.3
  11. 讃井將満:【患者さんの状態が変わった!そのとき輸液はどうなるか!?】(PART-2)輸液製剤の種類を知る(解説/特集).ナース専科(0285-0451)36巻4号,Page16-26,2016.3
  12. 須賀芳文、讃井將満:【産科ICU】β刺激薬とPGE2,昇圧薬 その安全性,妥当性を問う(解説/特集).Intensivist(1883-4833)8巻2号,Page296-302,2016.4
  13. 松尾耕一、讃井將満:【ウィーニングの最新動向】医師主導のウィーニングが安全で有効か?(解説/特集).重症集中ケア15巻1号,Page3-7,2016.4
  14. 讃井將満:心臓血管外科術後管理 ルーチン編(解説/特集).ICNR:Intensive Care Nursing Review3巻2号,Page74-84,2016.5
  15. 石黒芳紀:【麻酔診療に深く関わる生理学】心臓とメカノバイオロジー心臓とメカノバイオロジー.麻酔第65号,Page461-469,2016.5
  16. 塩塚潤二、讃井將満:【新人ナースのための術後患者の呼吸ケア 5分チェックできるポイントノート】(Theme 17)術後せん妄の評価と対応(解説/特集).呼吸器ケア(1347-7285)14巻6号,Page542-543,2016.6
  17. 塩塚潤二、讃井將満:【新人ナースのための術後患者の呼吸ケア 5分チェックできるポイントノート】(Theme 18)術後呼吸不全(解説/特集).呼吸器ケア(1347-7285)14巻6号,Page544-545,2016.6

 

その他


  1. 長友香苗、小松孝美、水枝谷一仁、牛尾倫子、石井健、矢作直樹、山田芳嗣:当施設成人挿管患者の気道転帰と抜管不成功の関連因子に関する検討. 人工呼吸第33巻2号, Page184-187,2016.11

 

2015年 麻酔科・集中治療部 研究業績

論文


  1. Horibe M, Egi M, Sasaki M, Sanui M. Continuous Regional Arterial Infusion of Protease Inhibitors for Treatment of Severe Acute Pancreatitis: Systematic Review and Meta-Analysis. Pancreas 44(7):1017-23,2015
  2. Sasabuchi Y, Yasunaga H, Matsui H, Lefor AK, Fushimi K, Sanui M. Carperitide Increases the Need for Renal Replacement Therapy After Cardiovascular Surgery. J Cardiothorac Vasc Anesth 29(6):1426-31,2015
  3. Koyama H, Sanui M, Saga T, Harada S, Ishii Y, Tateda K, Lefor AK. A fatal infection caused by sequence type 398 methicillin-resistant Staphylococcus aureus carrying the Panton-Valentine leukocidin gene: A case report in Japan. J Infect Chemother 21(7):541-3,2015
  4. Sasabuchi Y, Yasunaga H, Matsui H, Lefor AK, Horiguchi H, Fushimi K, Sanui M. The Volume-Outcome Relationship in Critically Ill Patients in Relation to the ICU-to-Hospital Bed Ratio.Crit Care Med 43(6):1239-45,2015
  5. Sasabuchi Y, Yasunaga H, Matsui H, Lefor AT, Horiguchi H, Fushimi K, Sanui M. The Dose-Response Relationship Between Body Mass Index and Mortality in Subjects Admitted to the ICU With and Without Mechanical Ventilation. Respir Care 60(7):983-91,2015
  6. Kajiura A, Nagata O, Takizawa Y, Nakatomi T, Kodera S, Murayama T:A large individual variation in both the infusion rate and the blood concentration of rocuronium necessary for obtain adequate surgical muscle relaxation during total intravenous anesthesia with propofol and remifentanil.J Anesth 15:9-14,2015
  7. 青木厚, 菅原斉, 石井彰, 渡辺珠美, 出光俊郎, 税田和夫, 讃井將満, 加計正文, 石川三衛, 川上正舒:総合診療科がコーディネートした医療チーム連携の集学的治療によって救命と救肢ができた糖尿病患者のStreptococcal Toxic Shock-like Syndrome(原著論文/症例報告).自治医科大学紀要 37巻, 35-42, 2015

 

 

学会発表


(海外)

  1. Shiotsuka J, Stee A, Downar J. The sedative effect of propranolol on critically ill patients. 44th Annual Congress of the Society of Critical Care Medicine, Phoenix, Arizona
  2. Yasuda H, Sanui M, Komuro T, Hatakeyama J, Matsukubo S, Kawano S, Yamamoto H, Andoh K, Seo R, Shime N, Noda E, Saito N. Comparison of three cutaneous antiseptic solutions for the prevention of catheter colonization in an Intensive Care Unit for adult Patients ; A multicenter prospective randomized controlled trial.35th International Symposium on Intensive Care And Emergency Medicine (ISICEM), March 17-20, 2015, Burussels, Belgium
  3. Iizuka Y, Sanui S, Nomura T:Collapsibility of jugular veins, subclavian veins and inferior vena cava as predictors of fluid responsiveness in patients on pressure support ventilation a prospective cohort study. 35th International Symposium on Intensive Care and Emergency Medicine, March 17-20, 2015, Brussels, Belgium.
  4. Yanase F, Matsumoto R, Kato M:A case of severe leg pain at emergence from anesthesia that resulted in postoperative diagnosis by the anesthesiologist.IARS 2015 Annual Meeting and International Science Symposium, March 21-24, 2015, Hawaii, USA
  5. Horibe M, Sasaki M, Sawano H, Goto T, Ikeura T, Hamada T, Oda T, Yasuda H, Iwasaki E, Sugiyama D, Kanai T, Mayumi T, Sanui M. Continuous regional arterial infusion of protease inhibitors for severe acute pancreatitis. : a propensity matched analysis. 12th Congress of the World Federation of Societies of Intensive and Critical Care Medicine (WFSICCM 2015), Aug 29-Sep 1, 2015, Seoul, Korea
  6. Horibe M, Sasaki M, Sawano H, Goto T, Ikeura T, Tsuyoshi Hamada T, Oda T, Yasuda H, Shinomiya W, Miyazaki D, Hirose K, Kitamura K Kanai T, Mayumi T, Sanui M. Continuous regional arterial infusion of protease inhibitors showed no efficacy in treatment of severe acute pancreatitis. : A retrospective multi-center study. Digestive Disease Week (DDW) 2015. May 17-19, 2015, Washington DC, USA
  7. Iizuka Y, Sanui M, Hayakawa M, Uchino S, Mayumi T,Kudo D, Saito S, Takimoto K , Yamakawa K, Sasabuchi Y:Low dose immunoglobulin G for treatment of severe sepsis and septic shock. 28th Annual Congress of the European Society of Intensive Care Medicine. October 3-7, 2015. Berlin, Germany.
  8. Kamio T, Sanui M, Hayakawa M, Kudo D, Yamakawa K, IizukaY, Saito S, Takimoto K, Uchino S, Mayumi T, Sasabuchi Y, Japan-SEPTIC DIC Study Group. Different hemoglobin thresholds for transfusion in patients with severe sepsis and septic shock. 28th Annual Congress of the European Society of Intensive Care Medicine. October 3-7, 2015. Berlin, Germany.
  9. Uozumi M, Sanui M, Komuro T, Iizuka Y, Kamio T, Koyama H, Mouri H, Masuyama T, Ono K. Interruption of of enteral nutrition in the intensive care unit: a single center survey. 28th Annual Congress of the European Society of Intensive Care Medicine. October 3-7, 2015. Berlin, Germany.

 

(国内)

  1. 齋藤伸行、讃井將満:人工呼吸療法に関する疫学研究:Epidemiological study of mechanical ventilation practices in Japan ─MVP investigation. 第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月9日、東京(委員会報告)
  2. 岩下義明、讃井將満、今井寛:集中治療室のない病院における重症患者管理 ~アンケート調査.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月9日、東京(口演)
  3. 佐藤史淑、八木橋智子、佐藤瑞樹、毛利英之、小山洋史、小室哲也、讃井將満:当センターにおける経皮的気管切開術checklistの有用性の検証.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月9日、東京(口演)
  4. 神尾直、讃井將満、毛利英之、小室哲也、八木橋智子、中川温美、梅田千典、草浦理恵、飯塚繁法、梶原絢子:ネーザルハイフローの一般病棟での有用性についての検討.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月9日、東京(ポスター)
  5. 堀部昌靖、佐々木満仁、澤野宏隆、後藤隆司、池浦司、濱田毅、尾田琢也、金井隆典、真弓俊彦、讃井將満:重症急性膵炎に対する局所膵動注療法についての後向き多施設観察研究.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月9日、東京(委員会報告)
  6. 東別府直紀、讃井將満、祖父江和哉、佐藤武揚、塩塚潤二、水野篤、吉村真一郎、ハイランド ダーレン:国際栄養調査2013:本邦ICUにおける栄養療法の実情.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月9日、東京(パネルディスカッション)
  7. 安田英人、讃井將満、志馬伸朗、河野真二、畠山淳司、松窪将平、安藤幸吉、小室哲也、山本泰史、瀬尾龍太郎:カテーテルコロニゼーションに対するクロルヘキシジンアルコールの有用性の検討:多施設無作為試験結果速報.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月9日、東京(ポスター)
  8. 堀部昌靖、佐々木満仁、澤野宏隆、後藤隆司、池浦司、濱田毅、尾田琢也、金井隆典、真弓俊彦、讃井將満:重症急性膵炎に対する局所膵動注療法についての後向き多施設観察研究.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月9日、東京(ポスター)
  9. 讃井將満:妄想的ICU専門医制度.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月10日、東京(シンポジウム)
  10. 讃井將満:あえて生理学で語る重症患者の循環管理.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月10日、東京(教育セミナー)
  11. 讃井將満:ワークショップ2 循環器集中治療におけるCEのかかわり.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月10日、東京(座長)
  12. 讃井將満:パネルディスカッション1 ICUにおける早期リハビリテーションのバリアは何か?ブレイク・スルーを考える.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月10日、東京(座長)
  13. 松永渉、神尾直、毛利英之、小山洋史、小室哲也、讃井將満:M&Mで改善する心外術後心肺蘇生プロトコールの作成.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月10日、東京(ポスター)
  14. 古賀雄二、鶴田良介、村田洋章、松尾幸治、伊藤達彦、新谷歩、若松弘也、讃井將満、山口庸子、山勢博彰:日本語版ICDSCの妥当性と信頼性の検証.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月10日、東京(口演)
  15. 讃井將満:ワークショップ 集中治療最新文献厳選42-最新知見をうまく臨床応用するには-第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月11日、東京(座長)
  16. 森實雅司、讃井將満、岩谷理恵子、高橋由典、上岡晃一、山香修、伊藤朋晃、神崎俊治、木村政義:急性血液浄化関連業務の発生時間から見た臨床工学技士24時間勤務体制の必要性:CEによる多施設後向き観察研究.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月11日、東京(口演)
  17. 古賀雄二、鶴田良介、村田洋章、松尾幸治、伊藤達彦、E. Wesley Ely、新谷歩、若松弘也、讃井將満、山勢博彰:日本語版CAM-ICUフローシートの妥当性と信頼性の検証.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月10日、東京(口演)
  18. 毛利英之:集中治療最新文献厳選42-最新知見をうまく臨床応用するには-中枢神経・鎮痛・鎮静.第42回日本集中治療医学会学術集会、2015年2月11日、東京(ワークショップ)
  19. 東別府直紀, 讃井將満, 祖父江和哉, 佐藤武揚, 水野篤, 小山洋史, 吉村真一郎, 西岡弘晶, ハイランド・ダーレン:ICUでの栄養管理に必要なのは管理栄養士の加わったICU回診および経腸栄養プロトコルである.第30回日本静脈経腸栄養学会雑誌学術集会 、2015年2月12-13日、神戸
  20. 宮澤恵果、大塚祐史、石黒芳紀:抗リン脂質抗体陽性患者においてヘモクロン801とヘモクロンJrで活性凝固時間(ACT)が大幅に乖離した一症例.第59回埼玉麻酔科専門医会、2015年5月16日、さいたま
  21. 岩井悠希, 渡辺恭孝, 川村留美, 白石守, 三輪千尋, 矢部寛樹, 小山信之, 寺井千尋, 讃井 將満, 山田茂樹, 小山信一郎:道内に病変が進展した侵襲性アスペルギルス症の1例.第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会、2015年6月11日-12日、東京
  22. 安藤勝信, 内田隆行, 小藤誠也, 早坂秀幸, 百瀬直樹, 吉田泉, 大河原晋, 讃井將満, 田部井 薫:当施設での持続血液浄化療法の動向(会議録).日本透析医学会学術集会・総会、 2015年 6月26日-28日、横浜
  23. 宮澤恵果、小林康磨、簗瀬史貴、石黒芳紀:術前より深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症を合併した婦人科腫瘍患者の2症例.日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部第55回合同学術集会、2015年9月5日、横浜
  24. 讃井將満:循環器科医がマスターすべきCCUにおける集中治療管理 循環器領域における敗血症.第63回日本心臓病学会学術集会、2015年9月18日-20日、横浜
  25. 讃井將満,毛利英之, 簗瀬史貴, 松永渉, 小林康磨, 柿本大輔:もしも麻酔科医が心臓血管外科ICUをローテートしたら.日本心臓血管麻酔学会第20回学術大会、2015年10月9日-11日、福岡
  26. 宮澤恵果、大塚祐史、石黒芳紀:抗リン脂質抗体陽性患者においてヘモクロン801とヘモクロンJrで活性凝固時間(ACT)が大幅に乖離した一症例.日本心臓血管麻酔学会第20回学術大会、2015年10月9日-11日、福岡
  27. 柿本大輔、石黒芳紀:選択的脳灌流中に組織酸素飽和度が低値継続したが術後に神経学的合併症を認めなかった弓部大動脈瘤患者.日本心臓血管麻酔学会第20回学術大会、2015年10月9日-11日、福岡
  28. 石黒芳紀: TEEと教育研究: TEE の教育の改善にむけて-アメリカにおける現情との比較をもとに.日本心臓血管麻酔学会第20回学術大会、2015年10月10日、福岡(シンポジウム)
  29. 梶浦明、松永渉、砂川浩:大動脈弁置換術後に特発性脾破裂にきたしたTangier病の1症例.日本心臓血管麻酔学会第20回学術集会、2015年10月11日、福岡
  30. 梶浦明、長田理、滝澤裕、仲冨岳、小寺志保、村山隆紀:A large individual variation in both the infusion rate and the blood concentration of rocuronium necessary for obtain adequate surgical muscle relaxation during total intravenous anesthesia with propofol and remifentanil(企業後援研究奨励賞 第3回MSD Award「神経筋伝達に関する研究」). 日本臨床麻酔学会第35回大会、2015年10月21日、横浜
  31. 小室哲也, 讃井將満, 飯塚悠佑, 神尾直, 中嶋いくえ, 青松昭徳, 大城国夫:重症患者における間接熱量計を用いたエネルギー消費量と投与量の関.第52回日本臨床生理学会総会、2015年10月31日-11月1日、さいたま
  32. 讃井將満:透析症例の臓器別生理学 血液凝固異常.日本臨床生理学会総会、2015年10月31日-11月1日、さいたま
  33. 飯塚悠祐, 青松昭徳, 神尾直, 小室哲也, 中嶋いくえ, 讃井將満:透析症例の臓器別生理学 慢性維持透析患者における術後非閉塞性腸管虚血.第52回日本臨床生理学会総会、2015年10月31日-11月1日、さいたま

 

総説・著書


  1. 讃井將満:【ARDS Berlin その後】どんな設定にしても1回換気量が多くなりすぎるときはどうする?離床はいつから始める? 私ならこうする!(回答3)自発的に生じる大きい1回換気量は原則として気にせず,できるだけ早期の離床をはかる(解説/特集).Intensivist (1883-4833)7巻1号, Page35,42-45, 2015.1
  2. 松尾耕一, 讃井將満:【Post ICU Syndrome(PICS)に対するABCDEバンドルとその実際】 ABCDEバンドルとその重要性(解説/特集).ICUとCCU (0389-1194)39巻2号, Page71-75, 2015.2
  3. 下薗崇宏, 讃井將満:【ICUで遭遇する血液疾患】(Part 1.)ICUでのコモンプロブレムの鑑別診断と対処 輸血管理 急性輸血副作用への対応 早期診断方法と治療(総説/特集). Intensivist (1883-4833)7巻2号, Page303-315, 2015.4
  4. 神尾直, 讃井將満【ICUで遭遇する血液疾患】(Part 1.)ICUでのコモンプロブレムの鑑別診断と対処 輸血管理 維持すべき血小板数は? 予防的・治療的血小板輸血の考え方(総説/特集).Intensivist (1883-4833)7巻2号, Page279-291, 2015.4
  5. 小室哲也, 讃井將満:誰もがどこでも使える人工呼吸器 bellavista(解説).人工呼吸 (0910-9927)32巻1号, Page80, 2015.5
  6. 讃井將満:【「人工呼吸器離脱プロトコル」発表!ナースが知っておきたいこと】 SAT(自発覚醒トライアル)の進め方と観察のポイント(解説/特集).Expert Nurse (0911-0194)31巻8号, Page18-21, 2015.6
  7. 松尾耕一, 讃井將満:早期離床をはじめとするリハビリテーションの可能性(解説).病院 (0385-2377)74巻6号, Page442-443, 2015.6
  8. 小山洋史, 讃井將満, 野村岳志:ABCD sonography Breathing 肺エコー(解説). LiSA (1340-8836)22巻7号, Page718-722, 2015.7
  9. 石黒芳紀:Ⅱ.1血行動態モニタリング、Ⅱ.2 代謝モニタリング.心臓手術周術期管理 稲田英一 克誠堂出版, 67-88, 2015

2014年 麻酔科・集中治療部 研究業績

論文


  1. 小室哲也,讃井將満,塩塚潤二,笹渕裕介、毛利英之,大沼哲:脳脊髄液ドレナージ下に管理した胸部大動脈瘤ステントグラフト術後頭蓋内急性硬膜下血腫の一例.日本集中治療医学会雑誌
  2. Ohnuma,T. Kimura,N. Sasabuchi,Y. Asaka,K. Shiotsuka,J. Komuro,T. Mouri,H. Alan T Lefor. Adachi,H. and Sanui,M:Lower heart rate in the early postoperative period does not correlate with long-term outcomes after repair of type A acute aortic dissection, Heart Vessels 2014 Feb 25

 

 

学会発表


(海外)

  1. Horibe M. Shinomiya W. Okawa O. Nakatani Y. Sasaki M.Sato M. and Sanui M:Continuous regional arterial infusion of protease inhibitors potentially reduces mortality in patients with severe acute pancreatitis. : A retrospective multicenter study, APDW 2014.11.25
  2. Horibe M, Shinomiya W, Okawa O, Nakatani Y , Sasaki M, Sato M, Sanui M. Continuous regional arterial infusion of protease inhibitors potentially reduces mortality in patients with severe acute pancreatitis. : A retrospective multicenter study. Journal of gastroenterology and Hepatology, Volume 29, Issue Supplement S3, Article first published online: 13 NOV 2014

 

(国内)

  1. Koyama, H. Saga,T. Ishii, Y. Tateda,K. Sato,M. Masuyama,T. Iizuka,Y. Ohnuma,T. Mouri,H. Komuro,T.and Sanui,M.:Fatal infection caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus sequence type (ST) 398, the International Scientific Congress of Intensive Care and Critical Care Medicine, Kyoto, 2014. 2.27-3.1
  2. Masuyama,T. Sanui,M. Iizuka,Y. Ohnuma,T. Komuro,T. Mouri,H. Koyama,H. Sato,M. Nagashima,M. Yanase,F.and Lefor AT.:Prolonged weakness in a patient with hyperthyroidism and sepsis, the International Scientific Congress of Intensive Care and Critical Care Medicine, Kyoto, 2014. 2.27-3.1
  3. Komuro,T. Sanui,M. Mouri,H. Ohnuma,T. Nagashima,M.Koyama,H.Masuyama,T. Sato,M.Iizuka,Y.Kawamura,A.and Yanase,F.:The association between protein intake and serum urea nitrogen/creatinine ratio, the International Scientific Congress of Intensive Care and Critical Care Medicine, Kyoto, 2014. 2.27-3.1
  4. Iizuka,Y. Sanui,M. Nagashima,M. Koyama,H. Komuro,T.Mouri,H. Ohnuma,T. Masuyama,T.Sato,M.Kawamur,A.and Matsuo,K.:Pre-induction pulse pressure predicts the postoperative atrial fibrillation after CABG, the International Scientific Congress of Intensive Care and Critical Care Medicine, Kyoto, 2014. 2.27-3.1
  5. Komuro,T. Sanui,M. Mouri,H. Ohnuma,T. Nagashima,M. Koyama,H. Masuyama,T. Sato,M. Iizuka,Y. Kawamura,A. Yanase,F:The association between protein intake and serum urea nitrogen/creatinine ratio,第41回日本集中治療医学会総会,第14回JSICM-KSCCM合同科学会議・国際シンポジウム International sessions poster 2 nutrition,平成26年2月27日
  6. 讃井將満, 飯塚悠祐, 大沼哲, 小室哲也, 毛利英之, 小山洋史, 増山智之, 佐藤瑞樹, 長島道生, 簗瀬史貴:tele-ICUシステム導入の試み. 第41回日本集中治療医学会学術集会, 京都, 2014年2月27日‐3月1日
  7. 本田康裕, 山口庸子, 村田洋章, 斉藤慎二郎, 飯塚悠祐, 讃井將満, 八木橋智子:ICUにおける体重測定は正確か? 第41回日本集中治療医学会学術集会, 京都, 2014年2月27日‐3月1日
  8. 寺西智史,飯塚悠祐,山下智幸,松三絢弥.座長:石川雅巳、症例検討“ドクターI(Intensivist):終末期医療.第41回日本集中治療医学会学術集会,京都,2014年2月27日-3月1日
  9. 讃井將満:循環器合併症を有する患者における周術期管理.第114回日本外科学会定期学術集会,京都,平成26年4月3日-5日
  10. 唐崎元一郎:小児セボフルラン麻酔における呼気終末セボフルラン濃度と脳波のTotal powerの関係について.日本麻酔科学会第61回学術集会,横浜,2014年5月15日-17日
  11. 深津健:当院における術後体内異物遺残の現状.日本麻酔科学会第61回学術集会,横浜,2014年5月15日-17日
  12. 遠藤民子, 太田隆嗣, 川岸利臣, 飯塚悠祐, 高木芳人, 野村岳志:高齢非心臓手術者患者における術前心エコー検査必要性の検討 Validity Assessment of Preoperative Echocardiography in Elderly Non-Cardiac Surgery Patients. 第61回日本麻酔科学会学術総会,横浜,2014年5月15日―17日
  13. 讃井將満:超実践的肺エコー.第36回日本呼吸療法医学会学術総会,秋田,2014年7月19日-20日
  14. 青松昭憲,飯塚悠祐,持田泰寛,野村岳志:Clostridium perfringensによる血管内溶血を伴う敗血症の一例.第23回日本集中治療学会関東甲信越地方会,東京,2014年8月23日
  15. 讃井將満:自治医大さいたま医療センターにおける集中治療教育体制の工夫.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  16. 讃井將満:多施設臨床研究のススメ.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  17. 佐藤和香子,長島佳代,青山泰樹,大塚祐史:左房粘液腫摘出術中に経食道心エコーで検出、追加手術となった僧房弁閉鎖不全症の1例.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  18. 深津健,簗瀬史貴,田中進一郎,青山泰樹,大塚祐史,石黒芳紀:経食道心エコーにより左房内乳頭線維弾性腫を指摘した1例.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  19. 青山泰樹,簗瀬史貴,深津健,長島佳代,大塚祐史,石黒芳紀:経食道心エコーでの腹部分枝血流評価がA型大動脈解離に合併した腸管虚血の一期的外科治療に寄与した一例.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  20. 長島佳代,青山泰樹,大塚祐史,簗瀬史貴,深津健,石黒芳紀:巨大上行弓部大動脈瘤に対し人工心肺確立後に麻酔導入を行った1症例.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  21. 嶋本純也,簗瀬史貴,唐崎元一郎,大塚祐史,田中進一郎,石黒芳紀:2弁手術後に冠動脈カニューレ挿入が原因と思われる冠動脈解離により心不全を発症した1症例.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  22. 簗瀬史貴,青山泰樹,深津健,長島佳代,大塚祐史,石黒芳紀:術後29ヶ月で発症した生体弁構造破壊による急性僧帽弁閉鎖不全症の一例.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  23. 田中進一郎,石黒芳紀,大塚祐史,唐崎元一郎,深津健,簗瀬史貴:体外式LVADから植込み型LVAへのbridge to bridge手術で出血コントロールに難渋した1麻酔症例.日本心臓血管麻酔学会第19回学術大会,大阪,2014年9月20日-22日
  24. 讃井將満:循環器疾患患者の栄養管理:何をいつからどのようにはじめるか.第11回日本循環器看護学会学術集会,東京,2014年10月4日-5日
  25. 讃井將満:急性非代償性心不全における酸素療法の功罪.第18回日本心不全学会学術集会,大阪,2014年10月10日-12日
  26. 安田英人,讃井將満,藤谷茂樹:カテーテルコロニゼーションンに対するクロルヘキシジンアルコールの有用性の検討.第42回日本救急医学会総会・学術集会,福岡,2014年10月28日-30日
  27. 佐藤瑞樹,小山洋史,小室哲也,毛利英之,増山智之,飯塚悠祐,讃井將満:妊娠中の脂質代謝異常症による重症急性膵炎の一例.第42回日本救急医学会総会・学術集会,福岡,2014年10月28日-30日
  28. 讃井將満:Congestive Heart Failure.MCCRC,東京平成26年11月22日-24日

 

総説・著書


  1. 松尾耕一,讃井將満:鎮痛・鎮静における最近の動向と文献レビュー~しっかり鎮痛,上手に鎮静~.急性・重症患者ケアvol3 no1,重症患者の鎮痛・鎮静最前線-評価スケールを活用し,介入ポイントがわかる-.岡本和文、道又元裕編集,総合医学社,2014年2月22日,174-180
  2. 齋藤伸行,讃井將満:ウィーニング.呼吸療法・呼吸管理における5years文献レビュー2009~2013.氏家良人編集,克誠堂出版,2014年3月1日,55-71
  3. 松尾耕一,讃井將満:敗血症での深部静脈血栓予防はどのように行うのか?.敗血症治療 一刻を争う現場での疑問に答える.真弓俊彦編集,羊土社,2014年3月5日,222-227
  4. 齋藤敬太,讃井將満:鎮痛・鎮静.集中治療医学文献レビュー2014~2015-総括・文献紹介・展望と課題.武居哲洋監修,影山博之編集,学研メディカル秀潤社,2014年3月10日,164-180