第2回さいたま周術期輸液管理セミナー

当教室から石黒教授を座長に、順天堂大学麻酔科稲田英一先生をお招きして、輸液管理に関するセミナーを開催致します。
ぜひご参加いただければ幸いです。

日時:2017年1月21日(土) 14:30~16:30
場所:TKP大宮カンファレンスセンター カンファレンスルーム3C
〒330-0844 埼玉県さいたま市大宮区下町1-42-2

講演:
「輸液療法の歴史的変遷と今後の動向」
講師: 順天堂大学医学部附属順天堂医院 麻酔科 教授 稲田 英一 先生

症例検討:
「実際の症例に基づいた輸液計画の検討」
演者: 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科 柿本 大輔 先生

手術室運営管理セミナー

日時:2016年8月23日(火) 18:30-19:30
会場:自治 医科大学附属さいたま医療センター 講堂

「手術室の効率化と安全性」
演者:鈴木利保 先生 (東海大学医学部附属病院 外科系麻酔科学 教授)
座長:石黒 芳紀    (自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科 教授)

◇なぜ、病院経営に周術期医療が重要なのか?
◇東海大学医学部附属病院において手術室は効率化されたか?
 手術室の安全性は担保されているか?
◇術後における重篤な有害事象の防止対策~術後の安全性について考える~

事前の申し込みなどは不要です。
みなさん奮ってご参加ください。

第1回さいたま大宮地区神経ブロックハンズオンセミナー

日本区域麻酔学会認定セミナーとして認定されました

 

1.開催日時・場所

2016年8月27日(土)自治医科大学附属さいたま医療センター 管理棟1階

 

2.セミナー主催者・支援企業等

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科医局

支援企業:富士フィルムソノサイトジャパン、丸石製薬

 

3.コースの内容

13:00-14:00   講義:神経ブロックの適応と合併症、エコー下での描出ポイント(仮)

14:10-14:50  ハンズオン:上肢のブロック(腕神経そうブロックを中心に)

15:00-15:40  ハンズオン:下肢のブロック(大腿神経、坐骨神経ブロックを中心に)

15:50-16:30  ハンズオン:体幹のブロック(TAP,RASブロックを中心に)

16:30-17:00  質疑応答

 

4. インストラクター

野村 岳志先生(横浜市立大学麻酔科:臨床麻酔学会神経ブロックインストラクター)

湯本 正寿先生(東京女子医科大学附属八千代医療センター 麻酔科)

近藤 竜也先生(横浜市立市民病院 麻酔科)

 

5.参加者予定人数

15名(5人×3ブース)

 

参加・申し込みの詳細に関しては追って掲載いたします。