土屋(旧姓:魚住)先生の論文がJournal of intensive careに掲載されました。

土屋(旧姓 魚住)先生の研究がJournal of Intensive Careに掲載されました。

経管栄養中断の頻度は高く、長く、理由は様々なことを示した研究です。経管栄養”中断”プロトコール必要性の論拠になるデータです。土屋先生は獨協医科大学救急医学の所属で、当センターで6ヶ月研修中にデータを収集して、論文を執筆して下さいました。
土屋先生、おめでとうございます。
 
 

Uozumi M, Sanui M, Komuro T, Iizuka Y, Kamio T, Koyama H, Mouri H, Masuyama T, Ono K, Lefor AK. Interruption of enteral nutrition in the intensive care unit: a single-center survey. J Intensive Care 2017;5:52