当センター集中治療部看護師・医師が共著者の研究が日本集中治療医学会雑誌に掲載されました。

当センター集中治療部看護師・医師が共著者の研究が日本集中治療医学会雑誌に掲載されました。

本研究は、東京慈恵医科大学附属病院および当センターの二つのICUで行われ、二つの測定法(スケールべッド、懸架式)による体重測定の正確度が検討されました。

スケールべッド、懸架式どちらの測定法でも、統一された方法でライン類を保持すれば、高い正確度の体重測定が可能であるという結果でした。

今後、体重測定の有用性を検証する研究も発表予定です。

村田 洋章, 本田 康裕, 山口 庸子, 齋藤 慎二郎, 飯塚 悠祐, 八木橋 智子, 讃井 將満. ICUにおける体重測定は正確か? 日本集中治療医学会雑誌 2017;24:639-40

岩井 健一先生の研究が日本集中治療医学会雑誌に掲載されました。

岩井 健一先生の研究が日本集中治療医学会雑誌に掲載されました。

岩井先生が前任施設で行った非侵襲的陽圧換気(NPPV)に関する後ろ向き症例-対照研究です。

NPPV開始後早期の血液ガス分析結果により、NPPVの継続の可否が予測できるとする従来の通説に疑問を投げかける結果でした。

岩井 健一, 讃井 將満, 柴﨑 多恵子, 岩谷 理恵子, 奥田 晃久, 平塚 明倫, 内野 滋彦, 瀧浪 將典. 血液ガス分析検査値は非侵襲的陽圧換気療法の失敗を予測できない. 日本集中治療医学会雑誌 2017;24:625-627